プロフィール
マウス
profilephoto


■ブログの概要
 この憲法改正私案は「英米系政治哲学」「皇位継承学」の泰斗である中川八洋筑波大学名誉教授の中川草案(『国民の憲法改正』、ビジネス社、2004年)に学び、その多くを参考にして起案しました。

 全体主義・社会主義・共産主義・無政府主義を完全に排除するだけでなく、左翼的自由主義(liberalism)や極左の変種である「民族系」とも峻別する、保守主義(conservatism)の私案となっております。

 昨今、憲法改正気運が高まるなか、保守主義(=真正自由主義)の私案としてご活用いただければ、さいわいです。関連して、保守主義思想に関わる論評や時評も別途公開していきます。こちらもご高覧ください。

2014.4.9 ブログ管理人 マウス

■基本姿勢
ブログ管理人は、中川八洋筑波大学名誉教授の著作に多くを学んでおります。読むたびに新しい発見があると言っても過言ではありません。ただし、見解が違うところもありますので、その点は拙ブログの中で触れていきたいと思います。

■本文の訂正
ブログの本文を訂正する場合には、削除の場合は打ち消し線、加筆の場合は赤字などを用いて明示します。

2015.10.26
明らかな誤字脱字、てにをは等の訂正は特に明示しないことにします。随時ブログを上書きする形で更新していきます。(ただし、文意を変えない訂正に限ります。)

2016.8.10
読みやすさを重視して、誤字脱字等だけでなく記述の修正・改行なども随時行います。(文意は変更しません。)


■敬称
拙ブログでは、若干名を除いて敬称は省略しています。

■憲法と憲法典
特に言及しない限り、本文中の憲法は憲法典を意味します。

■「天皇(皇室)」の表現
左翼用語の「天皇制」は一切使いませんが、代りとなる呼称としてブログ管理人は、天皇(皇室)という表現と用います。
天皇の制度、天皇制度、皇室制度、皇室などいろいろ検討しましたが、制度を論ずる場合、現時点で一番適切と思うからです。
天皇、及び皇族の方々を総称で呼ぶときは「皇室」、その皇室の制度を述べる時は「皇室制度」とすることが妥当かもしれませんが、『皇室法概論』の園部逸夫が「皇室制度」を使っていることもあり、この呼び方は当面使わないようにします。

2016.8.10
制度を論ずる場合は、天皇制度で統一しました。

■著書名
中川八洋「悠仁天皇と皇室典範」(清流出版、2007年)ですが、正しくは天皇の部分が四角で囲ってあります。このブログの機能では四角に囲むことは困難ですので、例外的にこのままとします。

■リンク
フリーです。

■コメント
承認しない場合もあります。
2014.10.11
コメント承認制を止めました。
なお、管理者権限でコメントを削除する場合があるので、ご留意ください。
2015.2.3
管理者権限で適宜「承認制」の有無をしていきます。なお、書き込まれたコメントは、適時「削除」「非公開」にします。また、理由も説明しませんので、予めご了承おきください。
2015.10.26
読者参考のため、「削除」「非公開」の理由を説明する場合があります。