2018.4.3

 

ジャパン・ミリタリー・レビュー発行の月刊『軍事研究』を購入した。

 

定価1,230円と少し高いが、国防を考える上で有意義な雑誌だ。特に、2018年4月号は内容が充実していて実に勉強になった。これは買って損はないので推奨したい。以下、記事の簡単な紹介である。

 

1.イージス艦を守る光の盾『レーザー対空砲』

対艦ミサイルを撃ち落とす手段として、実用化間近であることが分かった。ランニング・コストも非常に安い。

 

2.岩礁要塞化と「航行の自由」作戦が激突 南シナ海を巡るアメリカと中国の戦争

アメリカ海軍音響測定艦に対する中国の妨害が生々しい。

 

3.日の丸F-35の主要設備 現実的長距離打撃兵器「JSM」

新型ASM‐3と併用する理由が、やっと納得できた。

 

4.核抑止力整備と精密誘導兵器に重点 ロシアの新国家軍備計画「GPV-2027]

ロシアの計画(軍拡)が定量的に理解できた。

 

5.ミリタリーニュース

・中国:空母に電磁カタパルト

・中国:新型無人輸送機を南シナ海に配備

・イエメン反政府勢力:対艦ミサイルを発表

・トイツ空軍:トーネード後継にF-35

・ロシア:ベトナムにT-90S/SK

・インド:国産巡航ミサイル

このなかで、中国の新型無人輸送機の荷物可搬量の1.5トンに驚かされた。

 

その他、拙ブログでも「役に立つ馬鹿」と批判した文谷数重も寄稿しており、“反面教師”として読めば相当に面白い。その他の記事も参考になるものばかりだ。

 

以上、『軍事研究』は何十号と購入しているが、この4月号は出色だと思う。

 

JUGEMテーマ:憲法改正