2014.7.22

倉山満は、現行憲法の三大原則―国民主権・基本的人権の尊重・平和主義を明確に否定しており、日本の言論人では稀有な存在です。また、帝国憲法(明治憲法)の改正を志向するなど、その着眼点はなかなか参考になります。
何冊かの著作を読んだ限りでは、憲法に関して、中川八洋氏に一番近い言論人かもしれません。

ただし、松平俊介さんのブログ(下記に引用)で、『嘘だらけの日中近現代史』の誤りが指摘されています。ブログ管理人の歴史の知識は、高校の世界史程度ですから、その指摘が正しいかどうか分かりません。が、仮に指摘が正しいとしたら、相当なダメージになるのではないでしょうか。

最終的にどのように決着するか想像できませんが、万が一指摘が正しいとしたら、これは他山の石とするべきであり記録のためにアップしました。
 

倉山満(憲政史研究者)のサイト
http://www.kurayama.jp/

松平俊介さんのブログ
東京下町巡りと中国史・群龍天に在り(FC2版)より
倉山満『嘘だらけの日中近現代史』の誤りについて(Peeep.usを利用して保存)
http://www.peeep.us/8522aa87


2015.2.17追記
上記の松平俊介さんのブログで、Peeep.usを利用して保存したページが乱れています。Peeep.us側に問題がありそうですが、はっきりした原因が分かりません。
やむを得ず、別の方法で、かつ5つに分けて次のとおり再保存しました。

https://archive.today/dzNJM

https://archive.today/sa3Tu

https://archive.today/3hFqt

https://archive.today/qwWJ5

https://archive.today/pbyE2


JUGEMテーマ:憲法改正
 

コメント
コメントありがとうございます。

出版不況のなかで、倉山の反中・反韓の本はよく売れ、信者らしき者も増えています。
そうした信者に対して、最初から倉山批判をすると、それだけで思考停止して拒否反応をしめすので、わざと持ち上げただけです。

まずは、<『嘘だらけの日中近現代史』の誤りについて>を読ませるための、前振りのようなものと御理解ください。
これを読めば、高校程度の学力でも、倉山に疑問を持つようになるはずですから、それはそれで成功と考えています。

なお、私は、内心ほとんど倉山を評価していません。三橋貴明より多少マシと思う程度です。(笑)
  • by マウス
  • 2014/08/01 8:26 PM
たまたま手にした古い『Voice』(PHP研究所)に倉山満氏の論考を目にする機会がありました。

そこには、

「尖閣問題に関していえば、私は期間限定の憲法九条擁護=平和論者である。」

「尖閣問題で中国が日本を挑発してきても絶対に乗ってはならない。日本の保守派のなかには、尖閣に自衛隊を常駐させるべきなどと、威勢のいいことを述べる人もいる。しかし、軍事に解決を求めることに私は反対である。そうでなくても、「中国共産党王朝」はこのまま自滅する可能性が高い。いわば時間切れによる判定勝ちを狙える情勢なのに、わざわざKO勝ちを狙いにいく必要はない、ということである」

等とあります。また、論の端々に反米の風が漂っています。

「日本の言論人では稀有な存在」といった、氏に対する管理人様のご評価は、おそらく氏の実情を反映しているものとはいえず、小生には時間の無駄になるのではないかと思います。

また、「憲法に関して、中川八洋氏に一番近い言論人」のように見えるのは、氏が教授の論考を取り入れているからではないでしょうか(もし教授の論考を読んだことがないとすれば「憲政史研究者」としての適性を欠くことになります)。
  • by 「中川八洋文献目録」管理人
  • 2014/08/01 6:23 PM
コメントする