2017.10.11

 

10月22日の投票日が近づいてきた。

 

前回の総選挙と同様に、投票基準を考えてみた。投票したい候補者が絶望的に見当たらないが、それでも探す努力は諦めたくない。

 

 

 

1.皇室に対し不敬が横行する昨今を憂いており、不敬罪復活に向けて活動する意志がある。

 

2.防衛費大幅増額賛成。敵基地への先制攻撃を可能にするため、兵器の配備を具体的に進める決意がある。

 

3.小さな政府を志向する。

 

4.「脱・福祉国家」のため、公営社会保障廃止もしくは大幅縮小を視野に入れている。(この廃止もしくは縮小により、防衛費増額を捻出。)

 

5.財政的幼児虐待に強い危機感がある。

 

6.憲法改正。最低限として、第九条二項を削除、かつ国防軍保持を明記。それさえもできないのであれば、改正反対の覚悟がある。

 

7.敵性国家に妥協しない、もしくは交渉しないという外交センスや信念がある。

 

8.立憲民主党/社民党/共産党の候補者は論外。大川隆法の幸福実現党候補者も論外。それ以外にも論外の候補がやたらと多いので、注意を払いたい。

 

 

 

 

JUGEMテーマ:憲法改正

コメント
コメントする