2017.6.16

 

『ウォーキング・デッド』は、米国FOXの看板番組で、いわゆるゾンビ・ホラーの最高峰。2010年の放送以降、視聴率が高く、日本でもファンが多い。ブログ管理人は最近、日本の地上波放送をほとんど見ないので、今回同番組を暇つぶしで見てみた。

 

先に結論を言えば、面白い番組だ。

 

ゾンビで崩壊した米国を描く荒唐無稽のドラマだが、登場人物やグループを現代の指導者・国家に当てはめてみると、不思議なほどモデルが見つかる。(あくまでも個人の感想だが)

 

以下、例。

 

・ウォーカー(ゾンビのこと)
単体なら倒せるが、集団で人間を襲う場合は対処が難しい。動きは遅いが、死角から突然現れる場合もある。いきなり咬んできて、咬まれたら喰われてしまうかゾンビになる。つねに、生物(人間含む)を求めて彷徨っているが、もちろん知性や人間性は全く無い。

→中国共産党

 

 

・ハーシェル・グリーン
リックらを住まわせる農場主で善人。ウォーカーを病気だと信じ、治癒すると考えている。現実を見ようとしないが、仲間が襲われてからやっと銃を持つ。

→現在の日本人


 

・ニーガン
「救世主」(グループ名)のリーダー。有刺鉄線を巻きつけたバットで、自分の意に沿わない者を容赦なく殴り殺す男。
恐怖で人を支配するだけでなく、その狡猾さで敵対者を籠絡させることもある。シリーズ最強の悪役。

→プーチン

 

 

・ディアナ・モンロー
アレクサンドリア(居住地)の女性リーダー。以前は、下院議員。頑丈な壁に安心しきっており、戦いの準備を怠る。
最後、自分も噛まれてウォーカーになった。
→自由民主党の国会議員


 

・フィリップ・ブレイク
ウッドベリー(居住地)の統治者で、総督と呼ばれる。住民に、安全・食料・娯楽を提供する。が、裏に回れば虐殺を平気で指示する冷酷な男。ウッドベリー維持・存続を大義とするが、実態は残忍なサディスト。

→左翼

 


・終着駅
鉄道の終着駅(居住地)。看板・ラジオなどで来場を促しているが怖ろしい秘密がある。
→地上の楽園「北朝鮮」

 

 

・グレゴリー
ヒルトップ(居住地)のリーダー。言うこと、やること、ほぼ場当たり。「長いものには巻かれろ」が目に余り、誰からも尊敬されていない。リーダーとしては不適格。

→朴槿恵元大統領もしくはオバマ元大統領

 

以上、結構、当たっていると思う。

  

コメント
コメントする