2017.2.4

 

ブログ管理人が経済学者について感じていることを、ここに開陳したい。

 

“経済学者は理論の正しさよりも、見た目と経歴が重視される”

 

代表例は、トマ・ピケティ。

ピケティと森永卓郎の主張に大きな隔たりはない。あるのは、次のように見た目の違いだ。

 

画像は、NHKパリ白熱教室から引用

 

画像は、ライザップのCM動画から引用

 

ピケティは、自由主義国は分析するが、共産国家を分析しない。また、共産国家は統計を操作するが、そうした構造的な欠陥については語らずじまい。そのくせ、資本主義の限界をあげつらう。

 

そもそも論として、ソ連や中国などの共産国家は、富裕層や資本家を殺しまくって格差をなくしたから(財産を掠めたことも多い)、分析に必要なデータそのものさえ無いはずだ。

 

それから、格差の論じ方も不誠実。

 

まず、自由主義国の格差が一番小さくなったときは第二次大戦直後で、これは管理人もピケティに同意する。戦争の惨禍があって、富裕層の没落も多かったから。

 

しかし、その後、格差は徐々に広がるものの、世界は徐々に豊かになっていく。格差が悪いことであれば、世界は豊かにならないはずだが、その点をピケティは説明しない。(近年、極貧国のアフリカ小国であっても、飢えることは減り、さらに電気を使い車や携帯電話を所有する者が増えきた。)

 

つまり、ピケティの理論は、経済というよりも「政治運動の理論」―共産主義の変種―、と理解せざるを得ない。

 

しかし、そこはピケティの見た目がすべてを覆い隠す。森永のような醜さがあれば騙される人も少ないと思うが、颯爽とした少壮の学者には、ころりと騙される。

 

そんなピケティであったが、幸いなことに日本でのブームは終焉した。「資本主義の限界」「格差=悪」という負のイメージを残したが、話題になることはほとんどなくなった。しかし、時代は次の経済学のスターを求めていた。

 

それが、クリストファー・シムズである。主にプリンストン大学で教鞭を取り、見た目は“これぞ、学者”という顔と雰囲気である。それに加えて、ノーベル経済学賞を受賞している。

 

画像は、Wikipediaから引用

 

管理人も本を読んだ訳でないから、確実はことは言えない。が、伝わることを見聞する限り、その主張は三橋貴明に似ている。三橋も自分のブログで、それを自慢している。

 

新世紀のビッグブラザーへ 2016年11月16日

浜田宏一教授が間違いをお認めになりました

http://ameblo.jp/takaakimitsuhashi/entry-12219946230.html

 

ちなみに、浜田教授が考えを改められたのは、ノーベル経済学者のクリストファー・シムズ教授(米プリンストン大学)の論文を読まれたためだそうです。シムズ教授の主張は、わたくし共とほぼ同じでございます。

 

 

しかし、三橋貴明と言えば、拙ブログでも取り上げてきたように、オカルト系経済評論家である。オカルト系から賞賛されるシムズ理論ってなんだろうと考えるのは、管理人だけであろうか。

 

いずれにしても、シムズとはその程度と考えていて丁度いいのではないかと思う。

 

最後に、ノーベル経済学賞受賞のシムズを支持したい方は、ノーベル経済学賞受賞のハイエクを支持するかどうかを明確にして欲しい。併せてミーゼスを支持するか訊きたい。

 

シムズに限らないが、クルーグマンやスティグリッツを支持する自称保守の方も、なぜかハイエクやミーゼスを無視する。この機会に、ぜひご高説を拝聴したい。

 

 

JUGEMテーマ:憲法改正

 

 

コメント
>>最後に、ノーベル経済学賞受賞のシムズを支持したい方は、ノーベル経済学賞受賞のハイエクを支持するかどうかを明確にして欲しい。併せてミーゼスを支持するか訊きたい。

シムズに限らないが、クルーグマンやスティグリッツを支持する自称保守の方も、なぜかハイエクやミーゼスを無視する。この機会に、ぜひご高説を拝聴したい。

→同感です。
 三橋貴明など、シムズを支持する人たちには、ノーベル経済学賞を受賞しているハイエク、ミルトン・フリードマン、J.M. ブキャナンの学説を支持するのか否かを、是非とも表明して欲しいですね。
 また、ミーゼスやレプケがノーベル経済学賞を受賞できなかったのはソ連の嫌がらせが原因といわれていますが、その学説について、三橋貴明や上念司はいっさい触れませんね。
  • by 保守イチロー
  • 2017/02/04 6:13 PM
保守イチロー様

民族系やネトウヨがシムズを信じるだけならまだしも、安倍総理や自民党幹部が信じそうで、本当に危ないです。

ネットのニュースを読んでいたら、自民党が高等教育の無償化を想定し、教育国債を検討中らしいです。ですから、まさかと思うのですがシムズ理論をぶち込んでくる可能性がありますね。
  • by マウス
  • 2017/02/04 6:58 PM
 高等教育の無償化を赤字国債で賄うとは、次世代に途方もない大借金を押し付けることにほかなりません。
 しかも、中学生レベルの学生しかいないFランクの定員割れ底辺大学を、今後もゾンビみたいに存続させることになります。
 民主党の「子ども手当」に勝るとも劣らぬ、悪法中の悪法でしょう。
  • by 保守イチロー
  • 2017/02/04 10:47 PM
三者三様。でも、根は同じ。

・三橋貴明らの土建馬鹿グループ→シムズ熱烈支持

・上念司らのリフレ馬鹿グループ→なぜかシムズ熱烈支持

・池田信夫→コントロールできるのなら、ハイパーインフレという「荒療治」を容認? 
https://twitter.com/ikedanob/status/830302651971670017

池田信夫がなぜノビーと揶揄されるのか、わかった気がする(笑)
  • by マウス
  • 2017/02/15 8:07 AM
共産主義が、資本主義が、そして新自由主義の時代も終わろうとしている。

今はバーニーサンダース氏が、提案した社会民主主義に進もうと世界が動いている。

プーチン、トランプ、メイ、ドゥテルテと言った強力なリーダーも現れ後は…

ルペンが勝てばチェックメイトだ

最後に勝つのは普通のマジョリティー
  • by 反グローバルエリート
  • 2017/02/18 11:11 AM
シムズの理論が自分と似てるって(笑)、でも三橋氏は読んでないでしょ
ずいぶん前だが上念氏が対談でケインズの『一般理論』は難しくて分厚いから読んでなかったと言ってた
管理人さん、支持も何も、ハイエクあたりの原典を読みこなす力のない人にそんな無茶な
  • by コメント失礼
  • 2017/02/19 12:48 PM
コメント失礼様

コメントありがとうございます。

原典を読みこなせないのは許しましょうよ。恥ずかしながら、私も読みこなせません...(笑)

問題は、彼らが主意・本質を理解できない上に、曲解することですね。
  • by マウス
  • 2017/02/19 11:55 PM
コメントする