2016.7.15

 

今上天皇退位の報道(宮内庁は否定)があるが、TVや新聞において、まともな解説は皆無である。TVキャスターは皇室典範すら読んでいないと思われる。

 

この訓蒙には、中川八洋氏の著書をおいてほかにない。

初心者には、やや難解であるが『悠仁天皇と皇室典範』(清流出版、2007年)は、正しい“法の支配”“立憲主義”も学ぶことができるので(前掲書第七章、八章)、必ず読むべきである。

 

 

 

また、関連して、富永望『昭和天皇退位論のゆくえ』(吉川弘文館、2014年)にも目を通したい。富永の論考にはほとんど同意しないが、戦後直後から澎湃としておきた各界の昭和天皇退位論が時系列でまとめてあり、資料的には役立つ。

 

天皇制度即時廃止をたくらむ日本共産党は論外としても、前掲書によれば退位論を述べた者は数多い。毎日新聞は、天皇制度に批判的な人物を中心に寄稿させた(前掲34頁)。また、天皇制度反対論を投書欄に掲載した朝日新聞は(前掲28頁)、昔も今も天皇制度廃絶を目論む勢力である。

 

こうした勢力による、天皇制度毀損の手口についても学んでおきたい。昭和33年、週刊新潮は天皇退位論の特集記事を組んでいる(前掲185頁)。

 

ちなみに、週刊文春は、花田紀凱が編集長時代、皇后陛下を失声症に追い込んだ“前科”があるから、この手の週刊誌報道(特に、皇室関連)は特別の注意を要する。

 

 

 

2016.7.16補足

中川八洋氏の論考を、コメント欄で引用した。「退位」とは、天皇制度廃絶につながる言葉である。

 

 

JUGEMテーマ:憲法改正

コメント
中川八洋『悠仁天皇と皇室典範』、59頁より

・・・引用はじめ・・・
日本の皇統史には、天皇の「譲位」は幾多もあるが、「退位」の前例は全くない。「退位」という新しい言葉は、敗戦直後から、昭和天皇の戦争責任を追求するなかで現れたもので、それは天皇制度の廃止を言外に含んでいた。もし、昭和天皇が天皇位を皇太子に譲る、皇統の連続性を前提とするならば、必ず「譲位」という言葉になる。

(略)

つまり、皇統の切断を狙う側からすれば、「天皇制廃止」という「コミンテルン・テーゼ」と同等の効果をもち、しかもそうとは覚られない、「天皇の退位」制度と「皇嗣の不就位」制度ほど、共産革命の方法として有効・確実なものは他にはないだろう。

すなわち、皇統の切断にいたるのだから、「天皇の退位」と「皇嗣の不就位」は、皇統の永続的連続を定めた憲法第一条において、厳に禁止されている。憲法第一条は、一瞬たりとも天皇が不在の、日本の政体を想定していない。許容してもいない。「天皇の退位」は、憲法第一条の違反である。「皇嗣の不就位」も憲法第一条の違反である。
・・・引用おわり・・・
  • by マウス
  • 2016/07/16 4:33 PM
>中川八洋『悠仁天皇と皇室典範』、59頁より

59頁〜60頁に訂正。

なお、生前退位なる不敬な言葉を作ったのは、高い確率で日本共産党周辺と思われる。「生前贈与」をイメージさせる印象操作であり悪辣な手段。日本国民は騙されてはならない。
  • by マウス
  • 2016/07/16 4:47 PM
中川八洋氏の論考を拝読した。


“生前ご譲位”は、皇位断絶への危険な一里塚 ──安倍・自民党は、天皇制廃止の民進党を立法から排除せよ
http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2017/03/04/015749


私の考えと違うところ。
1,私は、「退位」が共産革命用語であることに同意する。が、「生前」という言葉にも悪い意図が含まれていると考えるので、中川氏であっても使って欲しくなかった。

2,皇統や譲位という問題を語る際に、次の記述は適当であっただろうか。正しい論考であっても、この一箇所で台無しになると思う。

「そうすれば、その殺し屋風の目つきは、多少は改善されるだろう。」
  • by マウス
  • 2017/03/08 12:56 PM
お元気にご活躍のことと存じます。

さて今般、「中川八洋掲示板」に、“生前譲位”(譲位に「生前」の文字は本来不要)に関する論考が、満を持して発表されました。

「満を持して」と申しましたのも、今上陛下のメッセージが発せられてからすでに半年以上の日数が経過しており、その間、「退位」という不敬語がありとあらゆる媒体においてばらまかれ続けてきたという経過があるなか沈黙を守ってきた中川教授が、ようやくにして本件に関する論考を発表されたという経緯があるからにほかなりません。

この時間経過について、怪訝に思われる方もいらっしゃるかもしれません。なぜならば、天皇制度・皇室制度・皇位継承学の第一人者として自他共に任ずる教授が、皇位継承に関して発せられた陛下のお言葉に即応されなかったからです。

当方においても、陛下のお言葉はいろいろな意味で衝撃的であり、複雑な心境を抱かしめている事柄ですので、中川教授も直ちに声を上げられることを躊躇されているのであろう、との推察が正しかったことを確認できたことは、感慨深いものがありました。

陛下のお言葉については、メッセージの発表日(8月8日の「ゾロ目」)を含め、釈然としない心境をいまだに抱きつづけております。特に「なぜ旧皇族系男子の皇籍復帰を仰せになられなかったのか(仰せられれば、対応が始まった可能性が大きい)」「譲位を復活させることが皇室典範の改悪ひいては天皇/皇室制度の破壊・消滅につながるとお考えにはなられなかったのか」など、思うことは多々あります。

それらを自重しているのは、当方にも陛下の御心痛に寄り添いたいという矜持があったからにほかならなりません。

陛下に寄り添いつつも、盤石な皇位継承が恙なく行なわれるために、本心を申し上げれば、陛下が御翻意なされるとともに、皇位継承学に関して“しかるべき人物”が陛下へ御進講していただきたいと願うところです。


なお、《私の考えと違うところ》としてマウス様が挙げておられる事項のうち、

《1,私は、「退位」が共産革命用語であることに同意する。が、「生前」という言葉にも悪い意図が含まれていると考えるので、中川氏であっても使って欲しくなかった。》

については、「退位」という言葉を拒絶し、かつ今日議論になっているトピックスを表す言葉として、引用符(“”)付で「“生前ご譲位”」とされたのは、いわば苦肉の策だったのでありましょう。

その適否について、当方では評価いたしかねますが、上掲のような意図からではなかったかと存じます。

また、

《2,皇統や譲位という問題を語る際に、次の記述は適当であっただろうか。正しい論考であっても、この一箇所で台無しになると思う。

「そうすれば、その殺し屋風の目つきは、多少は改善されるだろう。」》

は、石破茂氏に関する部分ですが、「殺し屋風の目つき」は「三白眼」のことですから、表現方法は格別、狂相である三白眼の人物を要職につけることは、人相学上あってはならない事項です。ましてや保守の思想信条を持ち合わせていないと考えられる人物への懸念は正当であろうと存じます。

以上、ご参考になればさいわいです。
  • by 「中川八洋・筑波大学名誉教授に学ぶ」管理人
  • 2017/03/09 2:19 PM
「中川八洋・筑波大学名誉教授に学ぶ」管理人様
(大変失礼ですが、以下、学ぶ管理人様と略させて頂きます)

いつも貴重なご意見をお寄せいただき有難うございます。
まず、最初に、中川八洋氏の論考について、その論旨は正しく、かつ中川氏の苦悩もひしひしと伝わってきます。

その上で、中川氏に苦言を呈するがごとく述べるのは誠に心苦しいのですが、皇后陛下は次のように述べられています。

「新聞の一面に『生前退位』という大きな活字を見た時の衝撃は大きなものでした。それまで私は、歴史の書物の中でもこうした表現に接したことが一度もなかったので、一瞬驚きと共に痛みを覚えたのかもしれません。」

仮に引用をつけたとしても“生前ご譲位”なる表現は使わないほうが良かった思います。歴史の書物の中に、「生前ご譲位」「生前譲位」なる表現があれば
話は別ですが。

>引用符(“”)付で「“生前ご譲位”」とされたのは、いわば苦肉の策だったのでありましょう。

そうであれば、中川八洋掲示板も、すべて引用符がついていなければなりません。
しかし、「テーマ別検索はこちら」を見ると、ついていません。
これは、学ぶ管理人様にこぼす話ではありませんが、なんかヌルいです。


次に石破茂についてです。
これが、石破茂批判の回であれば、別に殺し屋であろうとキチガイであろうと構わないと思います。
しかし、この回は、天皇陛下の譲位に関することです。

そうであれば、たとえ中川氏であっても厳に居住まいを正すべきで、出来る限り格調高くあるべきと考えます。
少なくても、敵に攻撃される隙は一切みせてはいけないと思います。

以前、『小林よしのり「新天皇論」の過毒』でも、和気清麻呂公との会話形式に少なからず違和感がありましたが、小林よりのりの漫画に対抗するためのやむを得ない策と理解しました。

しかし、今回の、殺し屋風云々には、必然性をまったく感じません。


さらに、気になるのは石破茂のブログについてです。
見てみると、石破茂と西尾幹二の対談集「坐シテ死セズ」が飛び込んできます。
こうした流れから、坊主憎けりゃ袈裟まで憎いがごとく、石破を批判したとも取られてしまいます。

これなど、敵からすれば大きな狙い目です。
仮に私が敵なら、次のようにツッコミます。
“譲位に関する論考のなかで、西尾への私怨を石破にぶつけている。皇統そっちのけじゃないか”

いくら正しい論考であっても、敵はいろいろほじくり返します。
甘い防御が心配でなりません。

以上です。
  • by マウス
  • 2017/03/09 8:18 PM
マウス様のご返信を拝し、あらためて中川教授の論考を再読してみました。

文中、引用符付きの“生前ご譲位”とされている箇所が前半に続き、後半に及んでカギカッコで「生前ご譲位」とされているようです。

ただし、マウス様がご指摘のように、テーマ別検索では《生前ご譲位は皇位断絶への道》となっており、引用符・カギカッコのないかたちとなっておりますね。

これはおそらくタグ設定の誤りでしょう。何といっても論考には引用符またはカギカッコが付されているのですから、《生前ご譲位》を「ご譲位」とするか「“生前ご譲位”」とするか、いずれにしても掲示板管理人(吉田寿太郎)様の手で修正されることを希望いたします。

ただし、“生前ご譲位”の「生前」は、「生前退位」の「生前」とは若干ニュアンスを異にしているように感じます。なぜならば、「譲位」はすでに生前であることが前提ですから強ちに「死」を想起させないからです。皇位継承に疎い読者層に「譲位」をいわば説明しているともいえます。掲示板の読者層を想像すれば、マウス様がお考えのように「ご譲位」とするだけで良かったとも言えますが、当方の中では広い読者層を想定しての配慮として受け止めました。

いっぽうの「生前退位」とは、「生きているうちに(生前)、陛下を天皇の座=皇位から引きずり下ろすぞ(退位)」というおぞましい悪意の腐臭がただよっております。報道を通して「生前退位」なる表現に接した皇后陛下のご心情を察するに余りあります。日頃から「美智子さま、美智子さま」と敬愛しているポーズをとっているマスコミの正体を暴いて余りある一例と申せましょう。


また、石破茂氏の件について申し上げれば、論旨上から見ても、また石破氏の政治家としての影響力に鑑みても、譲位問題に対する石破氏の見解を剔抉(てっけつ)しておくことは至極妥当なことと当方は理解いたしております。

なぜならば、防衛問題の第一人者とされている石破氏があたかも「保守」であるかのような誤解が蔓延しているのではないかと懸念している一人だからです。石破氏が「保守」であるかのようなポジションを得ているその根拠といえば、石破氏が「軍事」を専門としてきたことイコール石破氏は「左翼=反日・反軍」ではない、という単純な理解に基づくのではないでしょうか。

「ポスト・安倍」の一人として、石破氏の思想信条は早いうちに明確にしておくことが(特に民族派があらぬ誤解を重ねないためにも)有効であると存じます。

なお、石破氏は最近のブログ記事で、尖閣問題に事寄せて中川教授の『領域侵犯』に言及しております。領域侵犯に対しては撃墜・拿捕・撃沈等の断固とした措置を採るべしという教授の建言を“過激な”論調として退けております。

当方から言わせれば「何をかいわんや」です。石破氏には、対北朝鮮に関連してよからぬ噂もあり、また上掲のポジショニングもあり、とてもではないが軍事・外交を担える人物ではありません。

以上が、ご懸念の二点に関する当方の見解です。ただ、今般のテーマに鑑みれば、中川教授の論考はもう少し格調高くあるべきではなかったか、と思っておられるマウス様のご心情もよく理解しているつもりです。

いずれにいたしましても、中川教授の建言が、その激越な論調ゆえに斥けられているとすれば、我が国にとってこれほどの不幸はありません(当方は至極まっとうであると思っていますが)。エリート不在の政治、エリートを排除し、エセ・エリートが跋扈する日本につける薬はないものかと、呻吟がつづく昨今です。

今回はこれにてご無礼いたします。
  • by 「中川八洋・筑波大学名誉教授に学ぶ」管理人
  • 2017/03/09 9:39 PM
中川八洋氏による「昭和天皇が“法”を発見された」という論考は、初めて読んだ。(今まで、私が読み落としていただけかもしれないが。)

非常に重要と思われるので、深く心に刻み込みたい。

・・・引用始め・・・
皇室典範は、日本国憲法に優越する“上位の法” ──大原理“法の支配”に従い、明文憲法は皇位に“規制(制限)”される
http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2017/03/10/163949

国家の存続そのものを図る “不文の上位の法”に対して、明文憲法はそれに拘束される。自明なことではないか。昭和天皇の“ご聖断”は、超法規の国家意思ではない。2000万人の一般日本国民が死に至る本土決戦という国家滅亡から、国家と国民を救出する“法”──不文の古き良き法──があったのを英邁な昭和天皇が「発見され」、この“法”に従って、日本はポツダム宣言を受諾した。明治憲法は、国家と国民を救出する“法”(発見された不文の古き良き法=ご聖断)に対しては、下位の法規にすぎず、ご聖断に従属するのは当然のことである。
・・・引用終わり・・・
  • by マウス
  • 2017/03/12 11:32 AM
コメントする