2015.7.25

アマゾンのレビューなどで「中川八洋氏批判」を散見しますが、その多くは中川氏の「表現方法」に矛先を向けています。そこで、今回はブログ管理人がそれらに反論を行ってみます。文責はすべて拙ブログの管理人にあります。

それぞれの項目について、例え話を挿れながら反論していきます。批判そのものが皮相というか幼稚なので、そのレベルに合わせて俗っぽい反論を試みました。


1、中川八洋は相手を罵倒する。
共産主義・社会主義・全体主義・無政府主義などは、現世の優秀な人間で理想郷が創造できるとするカルトであり、オウム真理教と大差ありません。毛沢東・スターリン・ポルポト・金日成らが殺した人間は、最低でも1億人は超えています。その“系譜に連なる者”に対し、罵倒し過ぎるということはありません。

2、コミュニストやKGBなどと決めつける。
和歌山カレーヒ素混入事件では、検察は膨大な情況証拠を集め立証しましたが、中川氏の手法も同じことです。中川氏は、断じる前に膨大な資料を渉猟しています。“有罪”の確定は、情況証拠だけでも可能であり、本人の“自白”を条件としません。

3、人格攻撃をするので品性を疑う。
まず、人格攻撃の定義が曖昧です。
次に、そもそも論として、人格があればこそ主張が生まれる訳ですから、相手の歪んだ主張を批判するのに人格分析は必要不可欠です。中川氏は、人格分析だけでなく出身・育ちなど“人格形成に至った原因”まで詳しく調べますが、“公人”の思想を知る上で欠かせないことです。つまり、人格攻撃(人格分析?)が嫌なら“公人”になるのを止めるべきです。

4、すぐに朝鮮人呼ばわりをして不当な差別を助長している。
中川氏は朝鮮人を不当に差別している訳ではありません。それは、中川氏が伊藤博文を暗殺した安重根を尊敬することからわかります(下記の引用参照)。要するに「尊敬できる朝鮮人」と「軽蔑する朝鮮人」を区別しているだけで、それは文脈から読み手が理解すればよいことです。
 
中川八洋掲示板
2014年4月14日
安倍総理よ、「河野談話」破棄を直ちに世界に宣せよ!──米国の了解は、中川八洋を派遣すれば、いとも簡単なこと
http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2014/04/14/142218

朝鮮半島には、私が尊敬する三人の朝鮮人が眠っている。まずは李朝最後の皇太子・垠(ギン)殿下。次が安重根。三番目が李舜臣である。

5、仲間の“保守”を批判する。
GHQの善の部分に目をそむけて、結果的に日米離間に手を貸すロシアや中国の下僕のような存在が“民族派”です。民族派は保守ではありません。ちなみに、チャンネル桜にレギュラー出演している評論家のほとんどは、反米ネタで売文稼業に精を出す民族派か偽装保守(=スーパー極左)のどちらかです。

6、名誉教授であるのに品格が感じられない。
中川氏は、思想という戦場において言論を武器に奮闘されています。その中川氏に対して綺麗事を求める人は9条カルトと同じ精神構造です。批判する側の想像力の欠如のほうが問題です。

7、特定の人物を執拗に追及する。
日本にとって有害な人物を追及しているのに、執拗の是非を問うとは浅はかすぎます。波風の立たないように、甘い追及なら好いのでしょうか。

以下、蛇足です。
中川氏は、小林よしのりの誤謬や詭弁を抉って、その女系容認論を「平成の道鏡」と断罪しています。つまり、執拗に追及しています。しかし、出版された『小林よしのり「新天皇論」の過毒』を読むと気づくのですが、中川氏は決して小林を嫌っていません。むしろ真剣さを買っています。

逆に、小林に反論しない男系派を強く詰っています。八木秀次もその一人ですが、それは怠惰な学生を叱責しているような有り様です。(ただし、八木はまだ見込みがあると思われている。)

この著書の中で、中川氏が完膚なまでに叩きたかったのは、田中卓・高森明勅・小堀桂一郎・平泉澄らです。こうした点は、中川氏の特徴でもあるので、文脈を捉えて全体を把握しなければなりません。

8、中川八洋はCIAのスパイであり、新自由主義者である。
この種類のバカは死んでも治りません。お気の毒です。

以上、単なる反論だけなく、読むためのハウツー(how-to)を意識してまとめてみました。

話は関連しますが、通常、括弧書きをつけて「コリアン」とか“共産主義者”とした場合は、その人物は○○としが思えないという意になります。しかし、括弧書きが抜けてしまうこともあり、読んでいる側がかなり困惑することも。この場合、前後の文脈を丁寧に探らなくてならず、かなり面倒です。
また、論考の信頼性を毀損しかねないので、大変恐縮しますが中川氏に改善を求めたいです。


JUGEMテーマ:憲法改正
コメント
ぼかして記事にしたため、最後あたりが分かりにくくなりました。具体的に補足します。

一例ですが、月刊正論元編集長の上島嘉郎を“ワルの朝鮮人”としましたが、“”がありますからワルの朝鮮人としか思えないという意であると、管理人は解釈しました。

また、元週刊文春編集長の花田紀凱をコリアンと括弧書き無しにしましたが、その前後を読めばコリアンと言われても仕方がない行状ですから納得です。(ちなみに、管理人は花田をキチガイと思っています。)

しかし、今般、『昭和天皇と靖国神社: 東京裁判は、日本の国益を毀損したか』を読んでいたところ、小堀桂一郎を「性犯罪歴もある」と評しています。

唐突で、しかも“”がありません。
これの目にした際、非常に混乱しました。管理人が無知なのかもしれませんが、小堀に性犯罪歴があるのは初耳です。
せめて、括弧書き“”に入っていれば、何かの暗喩と理解できたのですが、それもありません。
管理人の読解力の問題かもしれませんが、前後を何度も読み返しましたが、結局わかりませんでした。

ですから、「改善」の希望となった訳です。

なお、強調しておきますが著書は傑作です。共産党や民族派のデマゴーグをすべて白日の下にさらしますので、日本人であれば必読の書です。
  • by マウス
  • 2015/07/26 9:42 PM
中川八洋氏の欠点はトルーマン、チャーチル、サッチャーを高く評価してる所だと感じますね。


トルーマンとチャーチルが親ユダヤだった為、
マルクス主義.レーニン主義に対する攻撃が甘くなり結果、
ソ連の台頭を許してしまった。

サッチャーに至っては富裕層重視の経済政策をし過ぎた為に、
中流層を減らし、貧困層を増やしてしまい、
英国国内の治安悪化と、民度の低下を招いてしまった。

その結果…今の英国は異民族だらけに成り、英国のアイデンティティーの大部分が消失してしまった。

  • by 天安門事件
  • 2015/07/28 1:23 AM
天安門事件様

Are you kidding?
  • by マウス
  • 2015/07/28 5:59 AM
中川八洋氏の著書に★1つ、★2つを付けたレビュアーの、他のレビューを読むと嗤えます。

倉山満の著書に★5のレビュアー、適菜収に★4のレビュアーなど多士済々で、いずれも読者側の読解力に問題がありそう。

なかでも、韓流スター関連書籍に★5つで、中川氏が★1つのレビュアーがいて、これには思わず脱力した。
  • by マウス
  • 2015/08/12 10:12 PM
補足。
★の話は、もちろんアマゾンのレビューについてです。(★5は最高評価、★1は最低評価)

また、「読解力に問題」とコメントしたが、「知力に問題」のほうが適切ですね。訂正します。
  • by マウス
  • 2015/08/12 10:23 PM
中川先生の著書を読んでも、目が醒めないのであれば、もう気の毒になってくる。。。


昭和天皇と靖国神社: 東京裁判は、日本の国益を毀損したか [Kindle版]

http://www.amazon.co.jp/product-reviews/B0117G8D6S/ref=cm_cr_dp_hist_one?ie=UTF8&filterBy=addOneStar&showViewpoints=0
  • by マウス
  • 2015/09/05 10:11 AM
>>中川氏が伊藤博文を暗殺した安重根を尊敬

反日主義者以外の何者でも有りません。
  • by 大衆.庶民派
  • 2015/12/29 12:00 AM
http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2014/04/14/142218

中川先生は安重根を尊敬されているが、私は尊敬していません。諸事情はあるにしろ、テロリストを尊敬する気になりません。

だからと言って、中川先生を反日主義者としません。中川先生は、凡人には到達できないところで、安重根を評価したはずですから。

ちなみに、何かで読んだ記憶がありますが、安重根は、親日で皇室にも理解があったと記憶しています。いろいろな勘違いが重なった上でのテロですから、その点では少し考慮されるべきと思います。
  • by マウス
  • 2015/12/29 6:18 PM
>逆に、小林に反論しない男系派を強く詰っています。八木秀次もその一人ですが、それは怠惰な学生を叱責しているような有り様です。(ただし、八木はまだ見込みがあると思われている。)

ブログ記事において、上記のように書いたが、訂正が必要かもしれない。八木に対する批判が熾烈だが、その理由も腑に落ちる(笑)


北朝鮮人化する“無学輩”八木秀次──日本を救ったポツダム宣言を貶める“新・国賊”
http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/
  • by マウス
  • 2016/01/05 7:57 PM
↑URLがうまく貼れていない。下記に変更

http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2016/01/04/181656
  • by マウス
  • 2016/01/05 8:54 PM
 女子供が感情のままに口にする『何てお下品なの!』を評価の基準にするとは、こんなことを論文の内容を基準とせず女の腐ったような反応をして全くあきれ果ててvしまった。こんなことを恥知らずに公にするとは『馬鹿につける薬はない』と古人は名言を吐いた。
  • by 増田春樹
  • 2016/03/11 12:07 PM
増田春樹様

コメントは有り難いのですが、意味不明です。
  • by マウス
  • 2016/03/11 5:08 PM
中川八洋掲示板が変調。

掲示板運営がおかしい。

1.動画が消えている。しかも理由が分からない。
中川八洋ライブ第三弾「日本人三千万人を殺戮する北朝鮮の核/化学/炭疽菌弾道ミサイル」が削除されている。なぜ?


2.同掲示板管理人、吉田寿太郎氏のツィートが7月6日を最後に停止している。
諸事情があって停止するにしても、告知ぐらいはできると思う。


以上、あまり厳しい注文をつけると「全削除しろ!」と怒られそうなので、このぐらいにしたい。内ゲバとも思われたくないし、その点悩む。
  • by マウス
  • 2017/08/09 8:36 AM
百歩(千歩)譲って著作権上の問題があったにしても、全削除を要求するなんて(改善の機会すら与えず)、全体主義国家の焚書と変わらない。

もし、私が西尾幹二支持者だったら、徹底的にそこを攻撃すると思うな。

それから、例の「公開質問状」には一切答えず逃げているが、どうしたものだろう。

中川氏はご存知なのであろうか。
  • by マウス
  • 2017/08/09 9:18 PM
誤解のないように言っておきたい。

中川氏の論考は素晴らしい。私と考えが違う場合もあるが、概ね教科書としている。

だが、中川八洋掲示板の運営は疑問。中川氏がどの程度把握しているか分からないが、責任は当然中川氏にもある。

中川氏の論考批判に対しては擁護するが、掲示板運営批判については擁護しない。
  • by マウス
  • 2017/08/11 8:50 AM
以下、推測。

当初、中川八洋掲示板管理人・吉田寿太郎氏は何か重い病気ではないかと想像したが、どうも違うようだ。仮に、そうであれば、中川氏も説明するはずだから。

病気でないとすれば「喧嘩中」が考えられる。掲示板には『△海諒箚亜ν很鵑瞭芦茵崔羸酥洋ライブ」(現在、修理中)』とある。動画の出来栄えに不満だった中川氏が吉田氏に、何か注文をつけたかもしれない。

それに憤慨した吉田氏が、「やっていられるか」と管理者の役目を一方的に放棄。現在、何か話し合いが持たれているかもしれない。

こう考えると、吉田氏のツイートが止まっていることも、動画が削除されたままであることも、合理的に説明がつく。

それでも、中川氏は掲示板のIDやパスワードは把握しているので、更新し続けている。

以上、勝手な推測である。

しかし、推測どおりであれば、それはそれで良い傾向である。

これをきっかけに、ぜひ吉田氏には掲示板管理人を降りていただいて、別の方でお願いしたいと思う。
  • by マウス
  • 2017/08/12 7:15 AM
ここまで踏み込んだ以上、自らの責任でアンチ吉田寿太郎氏を改めて明確にしたい。その吉田氏を公式管理人においた中川氏に対しても批判したい。


1.「中川八洋・筑波大学名誉教授に学ぶ−文献目録と研究−」(旧:中川八洋文献目録)に対し、全削除という理不尽な要求。
私もよほど意見しようと思ったが、第三者が入ることで対立を煽ってはいけないと考え、隠忍自重した。相当の我慢であった。

2.「公開質問状」の件
これは、中川氏の名誉に関わることでもあり、絶対に反論すべきであった。いまに至るまで無視続けるのは、吉田氏の判断か中川氏の指示か分からないが、「みっともない」の一言。

3.「中川八洋・筑波大学名誉教授に学ぶ−文献目録と研究−」の自己総括に関して無反応。
人間としてどうかと思う。あれほど真摯に総括(謝罪も含めて)したのに、なぜ「こちらこそ感情的になって申し訳なかった」と“大人の対応”ができないのか。

そして、動画削除にツイート停止である。しかも、どういう事情があるか報告もしない。

仏の顔も三度まで。さすがに、限界を超えた。

なお、大きな理由は前述三点であるが、細かい点ならまだまだある。
  • by マウス
  • 2017/08/12 11:03 AM
一部訂正。

前述三点→前述四点
  • by マウス
  • 2017/08/12 11:37 AM
自分のコメントを読み返して、ある程度全部言えたと思うので、一応これを最後にしたい。

なお、中川八洋掲示板に対し連絡したので、もしかしたら反応があるかもしれない。

最後に、中川八洋掲示板に必要な人材を考えてみた。優秀なブレーンが必要である。

1.責任感の強い秘書。
2.中川氏に対して直言できる人。顧問的存在。
3.有能な法務担当。
4.ブランド価値の向上ができる人。広告関係出身者。

以上。
  • by マウス
  • 2017/08/13 8:08 AM
吉田寿太郎氏のツイートが、しれっと復活した。7月6日から8月14日まで、中川氏の論考をツイートできなかった理由は述べられていない。さらに、以下の一文も。

・・・引用はじめ・・・
奇しくも中川八洋教授と同じく福岡県出身の松本零士氏もそんな作品を発表していました(吉田)。
・・・引用おわり・・・

つまり、吉田氏本人によるツイートである。重病などでツイートできない状態でもないようだ。

中川氏は、吉田氏を切るタイミングであったのに、機会を逸したようである。
  • by マウス
  • 2017/08/15 6:11 AM
相変わらず吉田寿太郎氏は弁解も何もしない。やはり、これは続けたほうがいいと考えを改めた。

ところで、「中川八洋 批判」で検索すると、拙ブログのこの記事が上位に表示されている。中川氏が“エゴサーチ”していれば、私の記事・コメント欄も読んでいることは十分あり得るので、目に留まることを願って批判したい。

そのうち、拙ブログも中川氏から「北朝鮮人」などと認定されるかもしれないが、それは“名誉の負傷”として喜びたい。
  • by マウス
  • 2017/08/18 6:51 AM
私にとって、中川八洋掲示板批判はルビコン川を渡ることに等しい。だから、以前から、気になっていたことを指摘したい。

次に引用した西尾幹二を批判する本は、準備が進んでいるのだろうか。

以前、中川氏は西尾幹二から提訴されて、その結果、出版社が白旗をあげて雑誌「撃論」は廃刊となった。しかも、出版社のサイトには謝罪文を掲載させられた。

出版不況のおり、いわくつきの西尾批判本を出版する勇気ある出版社ってあるのでしょうか。

無ければAmazonで、個人で電子書籍を出すぐらいしか方法がない。

どういう状況なのであろうか。その後の報告がないので、いろいろ想像している。


・・・引用はじめ・・・
http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2016/12/20/145041
連載「“歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史」のお知らせ
 標記「“歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史」について、これを全四巻の著書として発刊すべく、現在、中川先生は鋭意、編集作業に取り掛かっています。タイトルは、主が『西尾幹二の研究』、副が『《歴史の偽造》教祖の日本国廃滅思想』です。当初予定では中川先生が書き足す部分については、単行本の方に直接入れることにしておりましたが、近現代史に関心のある多くの読者の方々から、「“歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史」について連載をもう少し続けて欲しいとの御要望を頂きましたので、来年、頃合いを見て、連載を再開したいと思います。



平成28年12月吉日 

「中川八洋掲示板」管理人 吉田寿太郎
・・・引用おわり・・・
  • by マウス
  • 2017/08/20 7:36 AM
(承前)

>全四巻

私は、中川氏ファンであり、その著書の多くを収集している。自慢話をお許しいただければ、県立図書館なみに所蔵している。

その私が言うのもなんだが、仮に西尾幹二批判本が出版されたとしても、さすがに四巻を買わないと思う。

中川八洋掲示板などで西尾批判は相当読んだので、そろそろ“お腹いっぱい”である。

私なら、買ってもせいぜい一巻まで。
  • by マウス
  • 2017/08/21 6:23 AM
「最後に、中川八洋掲示板に必要な人材を考えてみた。優秀なブレーンが必要である。」とコメントしたが、肝心な人材が抜けていた。

5.編集の経験や力量がある人

これほどたくさん著書を出された中川氏であるが、現在身近に編集者がいる様子がない。
  • by マウス
  • 2017/08/22 8:50 AM
中川八洋氏と西尾幹二の裁判は、決着がついたかどうかはっきり分からない。しかし、雑誌「撃論」が廃刊したので、第三者には中川氏が「勝負に勝って試合に負けた」ことは分かる。

この状況で、何も対策なく西尾批判本を出せば、また「試合」に負けそうだが、中川氏は理解しているだろうか。

西尾側の弁護士は、手ぐすね引いて待っていると思うが。
  • by マウス
  • 2017/08/25 7:43 AM
数日間、書こうかどうか迷ったが、やはり書くことにした。

吉田寿太郎氏のTwitterフォローを見ると、いわゆる「AV男優」が二名ほどいるが、これはいかなる理由であろうか。

個人的な趣味かもしれないが、吉田氏は中川八洋掲示板の管理人である。

保守言論に関わる責任を自覚しているのか、甚だ疑問である。

中川氏も掲示板運営を真剣に考え直したほうが良いと思う。
  • by マウス
  • 2017/08/27 8:25 AM
中川八洋掲示板が新設された当時、私は吉田寿太郎氏に3回ほどメールを送ったが、その都度丁重な返事があった。

しかし、ある時期からメールの返信が一切なくなった。お忙しいところ煩わせてはいけないと考え、それっきりにしておいた。

いま振り返るに、忙しいのではなく、この頃から吉田氏の心に変化が生じていたのでないか。

中川氏のそばにいるので、第三者からは特別な側近のようにみえる。そうしたこともあって、なにかとチヤホヤされて勘違いしてのではないか。

虎の威を借る狐という故事があるが、それと同じではないか。偉いのは中川氏なのに、なにか自分も高邁な存在であると思い込んだのではないか。

もちろん、身近にあって吉田氏の変化に気づかないのが、中川氏である。
  • by マウス
  • 2017/08/29 12:55 AM
『△海諒箚亜ν很鵑瞭芦茵崔羸酥洋ライブ」(現在、修理中)』の動画はいつ再アップされるのだろうか。

途中経過の報告もない。常識的に、こうした場合は報告すると思うが。

吉田氏のツイートを真似れば、動画の削除により『動画の検索の妨害』をしているので、『むしろ中川先生に対して何らかの強い怨恨と害意を有しているとすら思料されます。』…。
  • by マウス
  • 2017/08/29 11:58 AM
安倍総理夫人の知的レベルが低いことは周知の事実。しかし、中川氏の論考であっても、引用した部分はさすがに事実とは思えない。

確かに、授業についていけず落ちこぼれる学生は掃いて捨てるほどいるが、それでも一応答案は埋めるぐらいはする。それさえせずに、白紙で出す場合は、もう中退覚悟だ。

それに、この「聖心女子大学付属高等学校時代の三年間、すべての答案は真っ白の白紙」は今まで報道されたことがない。これほど豪快(?)なことをやっていて噂にならないはずがない。(普通は、妬みから同級生がリークするはずだが。)

中川氏に、何を根拠にしたのか一度訊ねてみたい。


・・・引用はじめ・・・
「徴用工」像の建立も予見しない“超お馬鹿”安倍晋三は、ゴルフ三昧・海外観光旅行三昧に耽る“堕落&利権”総理
http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2017/08/17/120157

話を戻す。安倍晋三と教育界との腐敗の構造に関わる、もう一つの例は、昭恵夫人の立教大学不正入学事件とその修士論文代筆による修士号不正取得事件であろう。昭恵夫人は極度に知能指数が低く、ほとんど精神薄弱児童。ために、聖心女子大学付属高等学校時代の三年間、すべての答案は真っ白の白紙で、字は名前の(旧姓)「松崎昭恵」の四文字のみ。かくして、九割強がところてん(エスカレーター)式に入学できるのに、同大学は、多額の寄付金を考量してなお、安倍昭恵の前代未聞の痴呆度に唖然とし入学を拒否した。
・・・引用終わり・・・
  • by マウス
  • 2017/08/30 9:15 PM
吉田寿太郎氏を中心に書いているが、実のところ中川氏も似たような状態ではないだろうか。

保守の「第一人者」「泰斗」「碩学」と称賛を浴び、周りから散々持ち上げられて自惚れが強くなり、尊大になったのではないか。

その結果、周りにいた優秀な方々も次々と離れていったのでないか。

そうした話は世間にはよくあることで、それが原因で名士が孤独な老後を送っていることはままあることだ。

実際問題として、中川氏の協力者として吉田寿太郎氏ぐらいしかいないのは、それが理由ではないだろうか。

以上、勝手な想像であるが、こう考えると辻褄があう。
  • by マウス
  • 2017/08/31 8:19 AM
(承前)

これは、誰かに同調を求めたものではない。あくまでも、私の感想である。

以前から、なぜ中川氏と吉田氏が一緒になっているか疑問だったので、私の偽らざる本音を書いてみた。

そう考えると、孤独な中川氏の茶飲み友達として、吉田氏が存在しているかもしれない。
  • by マウス
  • 2017/08/31 8:32 AM
現況、拙ブログのこのコメント欄は、中川八洋掲示板批判の急先鋒で先鋭化していると思います。

ブログ読者にご心配をかけているかもしれませんが、当方は至って正気です(たぶん。笑)

無料で中川氏の論考が読めるわけですから、少々の不合理は辛抱します。しかし、さすがに動画削除については従前の経緯から考えて、道理に反する蛮行だと思います。

したがって、中川八洋掲示板で何らかの反応があるまで続けます。なお、状況次第では拙ブログの一部削除や全削除も覚悟してやっていますので、それに免じてお許しいただきたいと思います。

加えて、この件に関してコメントいただくと、火の粉が飛びかねないので、できる限り控えていただきたいと思います。(コメントを承認しない場合もあります。)
  • by マウス
  • 2017/08/31 12:38 PM
改めて掲示板を読んでいるが、中川氏による『動画「中川八洋ライブ」(現在、修理中)』という表現は独特である。

いや、独特すぎる。

動画の修理って何だろう(笑)
  • by マウス
  • 2017/09/02 7:51 AM
吉田氏は7月6日から約1ヶ月間、中川氏の論考(下記にまとめた6本)を一度もツイートしていない。

そうすると、同期間内の論考は、吉田氏の裁量で取りやめたのだろうか。

“論考を拡散するに値しないと、吉田氏が判断した?”

何も説明がないから、おそらくそうなのであろう。

仮にそうだとすると、これは凄いことである。

管理人のくせに、この増長はなんだろうか。

吉田氏は、自身の見識が中川氏の上をいくと考えているのか。

「石が浮かんで木の葉が沈む」とは、まさにこれである。

もちろん、管理人も裁量は認められてしかるべきだ。例えば、国防の関する論考が重要と思えば、それを複数回ツイートする、または重要箇所を抜き出してツイートすることは、当然しても良いだろう。

しかし、一度もツイートしないなんて、ありうるだろうか。理解に苦しむ。



8月3日 対北朝鮮「軍事援助」に熱を入れて核弾頭ICBMを完成させたプーチン・ロシアに制裁もしない、THAADも導入しない“敵性人”安倍晋三を即刻辞任させねば、日本は危うい

7月28日 安倍晋三に媚びて媚びて媚びまくる、祖国無き“エロス売女(ばいた)”櫻井よし子の売笑婦型オピニオン

7月24日 “共産党のモグラ”百地章に操られ、“日本再生の要”国防軍保有(第九条改正)を遺棄した“国賊”日本会議/安倍晋三

7月14日 安倍晋三にひたすら媚び諂う“エセ憲法学者”八木秀次は、中ロの「対日」全面侵略を誘う“憲法改悪”の旗振りに暴走

7月11日 尖閣諸島への急襲上陸占領が迫るのに、無為の日本 ──上陸演習を一段と強化する中共の陸軍(上陸戦闘部隊)&海軍(海兵隊)

7月10日 安倍晋三のトンデモ憲法改悪を阻み、国を守った小池百合子の“瓢箪から駒”功績
  • by マウス
  • 2017/09/02 1:28 PM
(承前)

吉田寿太郎氏(AV男優好き)>中川八洋氏(国際政治学者)

なんてことは、絶対にならないと思う。
  • by マウス
  • 2017/09/02 1:32 PM
初めて、このブログを読まれる方へ(念の為)

当方が中川八洋掲示板運営批判、吉田寿太郎氏批判をしていることは、すでに同掲示板から通知済です。

一切反論できないのは、概ね事実だからではないでしょうか。
  • by マウス
  • 2017/09/02 1:42 PM
『吉田寿太郎氏(AV男優好き)』のような表現が不快だと思われる方がいるかもしれません。

しかし、これは7月28日付中川八洋掲示板で、櫻井よしこを「エロス売女」とした中川氏の論考を真似てしているだけです。

それに、吉田氏は中川氏代理人のごとく、旧中川八洋文献目録の削除を求めたことがあります。つまり、吉田氏は私人というよりも、言論人に準ずる公人と理解しても差し支えないと考えます。

したがって、当方の批判は妥当だと考えております。


なお、中川氏の論考に間違いがあります。訂正されたほうが良いかと思います。
誤「櫻井よし子」

正「櫻井よしこ」
  • by マウス
  • 2017/09/03 3:00 PM
新しい論考を読んだが、変わらず「櫻井よし子」を使っている。

批判する相手の名前に誤りがあるのは相当に恥ずかしいので、誰か注意してあげて欲しい。
  • by マウス
  • 2017/09/05 1:12 AM
これも指摘しておきたい。

動画のユーザー名が『8ch 中川八洋ライブ』。

一人でも多く視聴してもらう目的で、親しみやすいユーザー名にしたと思う。しかし、やみくもに鉄砲を撃っても命中しないし、むしろ“ダサい”と小馬鹿にされるのがオチであろう。

たとえば『中川八洋ー保守からの提言』みたいに、あえて堅めのユーザー名にしたほうが良かったと思う。
  • by マウス
  • 2017/09/06 6:19 AM
(承前)

まさかと思うが、中川氏と吉田氏は『2ch』を意識して、この8chにしたのであろうか。

仮にそうだとすると、国際政治学者が2chに寄せたことになり、相当に“痛い”と思う。

実際は分からないが、こうした想像をされないためにも、ユーザー名は慎重に決めて欲しかった。
  • by マウス
  • 2017/09/06 6:26 AM
中川氏は学歴の要求水準が高い。

掲示板を読む限り、国立理系は合格点のようだが、近年の東大では「文系」になると不合格のようだ。

ちなみに、某私大などは次のように辛辣だ。(中川八洋掲示板より抜粋)

>ほとんど落ちこぼれのアホ馬鹿学生しかいない、大学とは言えない立教大学

ところで、以前から気になっていたが、吉田寿太郎氏の学歴はいかなるものであろうか。

東大、最低でも京大?

でも、そんな感じはしない。
  • by マウス
  • 2017/09/08 9:47 AM
以下、仮に私が反日朝鮮人なら、次のようにツッコミを入れる。

>ついでに家の下敷きになって助けを求める婦女子をレイプし放題など蛮行を大規模に行った。

(1)家の下敷きになっている女性を、どのようにレイプするのか。
(2)下敷きのところにわざわざ潜り込んで、レイプに及んだのか?
(3)行為の最中、建物が倒壊したら一緒に死んでしまうが。


>これが、日本人の朝鮮人虐殺という、元は日本人被害者が続出したことに始まった事件の顛末である。裁判記録を読むと、この経緯がよくわかる。

前述のレイプ話に見られるように、こうした裁判は日本官憲のでっち上げの証拠である。

以上。

誰か、中川氏にアドバイスしてあげてください。最近の論考は、少し雑。




・・・引用はじめ・・・http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2017/09/08/123337
1、1923年の関東大震災時、朝鮮人たちは地震で日本人が呆然としているのをいいことに、日本人家屋から窃盗のしたい放題、ついでに家の下敷きになって助けを求める婦女子をレイプし放題など蛮行を大規模に行った。この事実を忘れてはならない。警察は火災対策に駆り出されているため無警察状態だったから、この朝鮮人の蛮行・犯罪から財産と婦女子の貞操を護るに地域ごとに自警団を結成して対抗するしかなかった。

 が、これら犯罪者朝鮮人を帝国陸軍が庇うべく、さっさと朝鮮半島に軍艦で送るという、警察の上位にある軍が犯人隠避をやったのである。結果として、震災後に警察の捜査から捕まった殺人・傷害の刑法犯のほとんどは、過剰反応した日本人自警団の方ばかり。これら日本人は裁判で起訴され有罪・懲役刑になった。これが、日本人の朝鮮人虐殺という、元は日本人被害者が続出したことに始まった事件の顛末である。裁判記録を読むと、この経緯がよくわかる。
・・・引用おわり・・・
  • by マウス
  • 2017/09/09 8:34 AM
中川氏は、法曹界の強い仲間意識をご存知ないようだ。

裁判官・検事・弁護士は、司法試験を突破したという、いわば“戦友”で精神的な結びつきは強い。(悪い意味で)ムラを形成していると言って過言ではない。

だから、外部からの法曹界への批判は、ムラへの挑戦とみなして強い抵抗にあう。(表面上は、いたって平静であるが。)

つまり、弁護士全体を批判することは、損することがあっても得することは一切ない。

どうも、この点が分かっていない。


・・・引用はじめ・・・http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2017/07/04/223220
備考;「代言人」と蔑まされる弁護士には私大卒が多いように、もともと弁護士は頭が悪く知的水準が低く人格劣悪な者が希望する職業。稲田朋美は、この事実についても、世間広くに実証し宣伝した。
・・・引用終わり・・・
  • by マウス
  • 2017/09/12 9:42 AM
(承前)

西尾幹二に再度提訴された場合、中川氏の訴訟代理人を受けてくれる弁護士はいるのだろうか。

悪徳弁護士や共産党系弁護士に対する批判ならまだしも、弁護士すべてを敵に回すような記述でもあり、こんなに蔑まれたら、誰も受任したくはないだろう。

民事では「本人訴訟」も可能であるが、裁判官から冷たい目で見られるのが関の山である。
  • by マウス
  • 2017/09/13 7:02 AM
引用した部分のM社長とは、明らかにチャンネル桜・水島総である。

しかし、チャンネル桜は民族系の巣窟であるのに、なぜその大元を某CS放送とかM社長などと仮名にするのか。

率直に言って、理解に苦しむ。

もしかしたら、当コメント欄で訴訟リスクに論及したので、それを参考にしたのであろうか。(水島総は訴訟に熱心だから。)

仮に、そうだとすれば、単なる弥縫策である。何も改善されないどころか、むしろダブルスタンダートと誹りを免れないだろう。

訴えてきそうな奴は仮名で、こない奴は実名との使い分けは、卑怯者のやることだ。

こう言われたくないのなら、水島総を仮名にした理由を明らかにすべきである。


・・・引用はじめ・・・
http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2017/09/08/123337
しかも、昭和天皇/吉田茂の系譜や竹山道雄/林健太郎/福田恒存などの保守知識人の系譜で戦後日本の背骨を形成していた“真正の歴史観”「大東亜戦争否定論」をぶっ壊して日本全体を極左に浮遊させるから、一石二鳥の策であった。現在の日本でも、金切り声をあげて大東亜戦争肯定論をぶっている過半数が(血統における)北朝鮮人なのは、某CS社長のミスターMやその子飼いのミスターIから充分に理解されるであろう。
・・・引用おわり・・・
  • by マウス
  • 2017/09/14 10:16 AM
中川八洋掲示板9月14日の論考が、まだツイートされていない。

吉田寿太郎氏は、どうやらAV鑑賞に一心不乱で、忘れているようだ。
  • by マウス
  • 2017/09/15 12:22 PM
櫻井よし子が、やっと「櫻井よしこ」に改められた。やれやれ。
  • by マウス
  • 2017/09/15 7:19 PM
ところで、例の「動画の修理」はいつ終わるのだろうか。

まさかと思うが、中川氏は中川八洋ファンを舐めていないだろうか。

中川八洋ファンは、氏の論考を読み飛ばすこと無く、しっかり覚えている方が大半だと思う。だからこそ、大東亜戦争肯定論や反TPP、反原発などに騙されないし揺るがない。

そうした読者やファンの存在を忘れているのではないか。
  • by マウス
  • 2017/09/16 8:37 AM
結局、9月14日の論考はツイートしていない。

吉田氏は、<読むに値しない>と判断したのであろうか。

ちなみに、Twitterの吉田氏プロフィールにこうある。言行不一致、恥ずかしくないのかな。


・・・引用はじめ・・・
世界の現状は、日本の国家安全保障の危機を加速しています。この急迫の事態において、刻々と変遷激しい国内外の事態を冷静に俯瞰できる力を与えてくれる、大容量の真正の知識を、日本人は中川八洋先生から学ぶべきでしょう。
・・・引用おわり・・・
  • by マウス
  • 2017/09/18 9:39 AM
『「中川八洋掲示板」管理人・吉田寿太郎氏に対する公開質問状』を公開されているRRow_your_boat氏に対し、ここで敬意を表したい。

当方が吉田氏批判をして分かったことは、尋常ならざるストレスが生じて、現在酒を飲まないと夜眠れない状態になったことだ。

ましてや、RRow_your_boat氏は、批判の先鞭をつけたわけだから、その勇気は讃えられて然るべきだと考える。
  • by マウス
  • 2017/09/18 7:23 PM
書こうか書くまいか悩んだが、やはり書こう。

中川ファンなら「堀北真希」「マツコ・デラックス」の論考をご存知のはず。

中川氏からタレント名が出て驚きはしたものの、必然性があったのでファンとしては納得の論考であった。

しかし、下記に引用したAKB48やEXILEに何も必然性が感じられない。「某アイドル・グループ」ならまだしも、具体的な名前を出す必要があるだろうか。

ここに、中川氏の“劣化”を感じる。

ところで、職場の飲み会で、謹厳実直な上司が突然アイドルやアニメを熱く語りだし、その場は大いに盛り上がることはよくある光景だ。

しかし、上司がいなくなった二次会で、「なんだかなー」「若い人と無理に話を合わせようとしていて引くわ」などと溜息まじりの失笑がおこることもよくある光景だ。

これを思い出して、気が沈む。



・・・引用はじめ・・・
 もし『正論』がまともな論壇誌であれば、表3や表4に従って、安倍晋三の共産革命政策やその国防無策を非難・糾弾しているはず。だが、今や『正論』は、論壇誌・オピニオン誌とはほど遠い。その逆の、『口先男で80%共産主義者・安倍晋三のファンの会』誌となった。日本国の国益などいっさい考えない、公共性ゼロの雑誌になったのは、AKB48(備考)やEXILEのファン・クラブ誌と同類だから当たり前のこと。

(備考)活字離れとインターネットの普及から、今ではAKB48のファン会誌は廃止されている。  

 これは、安倍晋三を評価するには、評価指標としてあるべき国益を表4左欄のごとくにまず設定しなければならないが、『正論』では知的水準が低すぎ、それができない事に起因している。代わりに『正論』は、唐突に「安倍晋三大好き!」を最初から最後まで基準とする。朝日新聞では「安倍晋三を潰せ!」が最初から最後まで基準なのと全く同じ手口。「安倍晋三大好き!」なら、AKB48ファンと同じ行動パターン。
・・・引用終わり・・・
  • by マウス
  • 2017/09/23 8:21 AM
中川八洋掲示板運営批判・吉田寿太郎氏批判には極度のストレスが伴うが、それにも順応できたようだ。よって、本日をもって禁酒することにした。

これまで暴飲によって筆が鈍っていたから、今後はそれが解消される。

つまり、批判がさらに過激になるかもしれない。

そんな予感がする。
  • by マウス
  • 2017/09/27 9:00 AM
中川ファンには嫌な記憶がある。

それは過去、ネットにおける中川氏の言論活動が中断・停滞したことだ。

例えば、日本保守主義協会。これは知らないうちにリンク切れで自然消滅(?)。有料メルマガ「中川八洋先生の白熱ゼミナール」も、瞬く間に終わった。

中川氏の悪い癖だが、この経緯について一切説明しない。“弁解しないこと”…、これが中川氏の美学かもしれないが、ファンはたまったものではない。

だから、ファンになかには、私の掲示板運営批判に対し懸念を抱く方もいるだろう。

“掲示板が閉鎖されたら困る。運営批判は止めろ”

しかし、これは杞憂だ。

現在、掲示板はほとんど吉田氏の手を離れ、中川氏自身で更新しているはずだ。

おそらく、ブログ開設は吉田氏が行ったが、徐々に役割を縮小していると思う。というより、中川氏から役割を取り上げられたとも考えられる。当然、中川氏がブログIDやパスワードも管理していると思われる。

事実上、中川氏が単独で掲示板を運営している。ただし、Twitterに関しては、吉田氏がユーザーであり、中川氏もツィートできない。おそらく、こんな関係なのだろう。

以上より、掲示板が閉鎖される可能性は極めて低いと思われる。
  • by マウス
  • 2017/09/27 7:48 PM
(承前)
ファンに対して、中川氏は本当に説明しない。

だから、それがある種の疑心暗鬼を生み、心が千々乱れるのだ。

こうして、ファンは、中川氏を<腫れ物>のように扱うようになる。中川氏のご機嫌を損ねるのは禁物、ヘソを曲げられて論考が読めなくなることは避けべきだと。

そうしたファン心理が結果的に、吉田氏の増長を生み出したのではないか。もっと厳しく言えば、最近の中川氏の論考の“劣化”につながっているのではない。

最近、よく「忖度」という言葉が使われるが、現在、ファンは中川氏を「忖度」していると思う。「言論の忖度化」(私の造語)があってよいはずがない。

以上、ファン批判のようになったが、これは“自己批判”である。
  • by マウス
  • 2017/09/28 6:47 AM
訂正

>ヘソを曲げられて論考が読めなくなることは避けべきだと。

避けるべき。「る」が抜けていた。


>そうしたファン心理が結果的に、吉田氏の増長を生み出したのではないか。もっと厳しく言えば、最近の中川氏の論考の“劣化”につながっているのではない。

“劣化”につながっているのではないか。「か」が抜けていた。
  • by マウス
  • 2017/09/29 7:22 AM
(承前)
次も書くべきか迷うところだが、書いておくことにした。

私は、有料メルマガ「中川八洋先生の白熱ゼミナール」を購読しなかった。ファン失格かもしれないが、理由がある。

それは、「中川八洋先生の白熱ゼミナール」がFC2ブログで運営されていたからだ(2013年)。この当時であっても、すでにブロガーからは「FC2=アダルト動画が多い」「FC2=違法性が高いことを黙認している」と認識されていた。

同時期、私もブログ開設準備中で、ブログサービスの比較検討していたので記憶に新しい。

だから、最初「中川八洋先生の白熱ゼミナール」を見聞したとき、これはフィッシングサイトの類かと思った次第。

その次は、現在の中川八洋掲示板の前身である「FC2ブログによる中川八洋掲示板」である。

これなどは、ロシアか中国の工作かと思った。アクセスした人間のIPアドレスを抜かれるんじゃないかと。

要するに、国際政治学者である中川氏とFC2ブログは、どうしても結びつかなかった。(結局、FC2ブログは、運営会社が捜索・起訴され、わいせつ動画配信で運営者が有罪判決をうけた。)


こういう試行錯誤を経て、やっと現在の「はてなブログによる中川八洋掲示板」が始まったと理解する。

だから、中川氏はネットに詳しくないし、氏の周りにもアドバイスできる人がいないと強く感じるのだ。

余談であるが、FC2ブログでは「福島みずほのどきどき日記」が続いている(笑)
  • by マウス
  • 2017/09/29 9:30 AM
久しぶりに、“エゴサーチ”してみた。

すると、某2ちゃんねるで、拙ブログについて書き込まれていた。

・・・引用はじめ・・・
http://kenpoukaisei.jugem.jp/?eid=188#comments
一人の「信者」が「アンチ」に転向しつつあるぞ
・・・引用おわり・・・

反論したい。

(豊田真由子議員の絶叫調で。もう古いが…)

このハゲェー!!
ちーがーうーだーろーー!!
ちがうだろーーーーーーー!!
お前はどれだけあたしの心を叩いてる!
これ以上私の評判を下げるな!
お前は中川氏の著書まったく読んでいないだろ!
私のブログも読んでいないだろう。
批判するなら、少しは頭使え、この低能ハゲェー!!


以上(笑)
  • by マウス
  • 2017/09/29 10:42 PM
「中川八洋先生の白熱ゼミナール」について書き漏らしたこと。

白熱と聞けば、マイケル・サンデルの『ハーバード白熱教室』。

中川氏がサンデルに寄せたみたいで失望した記憶がある。こうしたことは、じっくり練り上げる必要があるのに。

これひとつでも、氏の周りにそうしたプロが皆無だと想像できる。
  • by マウス
  • 2017/09/29 10:55 PM
(承前)

内容がいくら有益になっても、この名称では他人には伝わりにくいと思う。

今更ながらだが、「中川八洋掲示板」のブログ名も本当にこれが正しかったのだろうか。なんか、2ちゃんねるを意識した感じだが…
  • by マウス
  • 2017/09/29 11:01 PM
以下、念の為に。

ニコニコ大百科(以下、大百科)という、ニコニコ動画ユーザー向けのサービスがあるが、「中川八洋」の項目に下記記載がある。

この部分と、拙ブログが似ている点があるが、拙ブログのほうが3ヵ月ほど先に記述してある。

おそらく、大百科を書いた方は、拙ブログを読んでヒントを得たと思われる。

当方が、真似した訳ではないので、その点誤解しないようにして欲しい。

実は、大百科を初めて読んだとき、あまりに発想が似ているので、もしかしたら無意識のうちに私が真似たのではないかと相当に焦った(笑)。編集日時を確認して胸を撫で下ろしたが。



・・・引用はじめ・・・
http://dic.nicovideo.jp/a/%E4%B8%AD%E5%B7%9D%E5%85%AB%E6%B4%8B
よくある誤解
中川氏の論考に対しては、多くの賛同が寄せられる一方で、様々な中傷も投げかけられる[要出典][独自研究?][誰が?]。その中でも最もありふれたものには、中川氏の筆致が下品である、というものである(裏を返せば、中川氏が論考の内容において正当な批判を受けたことはないということでもある)。これについては、以下のような反論をもって答えることができる[要出典][独自研究?][誰が?]。

そもそも、中川氏が批判の対象とするルソー=マルクス主義が人類史にもたらした惨禍を省みれば、レーニン・スターリン・ヒトラー・ポルポト・毛沢東といった輩が奪い去った人命は優に億単位を数える。そういった殺戮者の直系である極左勢力に対して、罵倒だけで済ませるというのは紳士的に過ぎると言ってもよいほどである[誰が?]。

また、中川氏は反対者の思想分析に「共産党員」「北朝鮮人」といった言葉を用いるが、これは決して単なるレッテル貼りではない。氏は、自身の該博な知識と国内外の豊富な人脈に基いて相手の人格と出自を徹底的に分析しているのであり、これは法学的ともいってよい作業である[要出典][独自研究?][誰が?]。実際に中川氏は、上述の丸山眞男については、その極左思想やソ連工作員との深い関わりがありながら、丸山自身はソ連工作員ではなかったと断定している[21][要出典][独自研究?]。

いずれにせよ、中川氏は30年以上に渡って論壇という戦場で孤独な思想戦を強いられてきたのであり、そのような氏に対して些末な揚げ足取りを行うこと自体、売国的との誹りは免れないであろう[要出典][独自研究?][誰が?][緑の救急車が必要ですね?]。
・・・引用おわり・・・
  • by マウス
  • 2017/10/03 8:28 AM
(承前)

>そもそも「法の支配=立憲主義」とは、成文憲法(憲法典)の上位に法(憲法)を据え、そしてこの「法」(すなわち、古来から受け継がれた慣習)が、すべての法典を統制する主義を言うのである

基本的な考えは私と同じだが、若干違う。私は次のように理解している。


そもそも「法の支配」とは人間の意思から超越した古来からの“神聖な真理”を意味する。憲法典の上位に「法」(憲法)があり、そしてこの「法」(すなわち、伝統や慣習に基づく祖先の叡智)は、“つくる”ものではなく“発見する”ものである。

なお、立憲主義は『国家の統治機構のすべての政治機関ならびに国民に対して、憲法や憲法典によって、それらの権力を制限する主義のことである』と正しく定義されるべきであるが、誤った定義が横行している。その最たるものが、制限されない政治権力のことである「主権」(国民主権など)の存在を許すことである。

また、「法の支配」と立憲主義は近似する関係にあるが、法の支配≧立憲主義と解すべきだ。そうしないと、法の支配が矮小化されかねない。
  • by マウス
  • 2017/10/05 10:25 AM
(承前)

権力分立を捻じ曲げれば、「地方主権」を生みかねない。また、先の大戦前、日本は権力が分立していた。内閣・陸軍・海軍・官僚など権力が分立したゆえに、究極の無責任体制になったとも言える。

こうした観点から、立憲主義を再定義する必要があるかもしれない。

その逆に各都道府県にそれぞれ一定の軍事力を持たせることが立憲主義に適うか思索中。地域防衛隊のイメージだが、災害救助の中心的役割を果たす組織にする。
  • by マウス
  • 2017/10/07 8:16 AM
(承前)

中川氏の論考を参考にした部分と、自分の考えが混同しているので整理しておきたい。

自分の考えの部分。(これ以外は、中川氏の論考を参考にしている。)

>また、「法の支配」と立憲主義は近似する関係にあるが、法の支配≧立憲主義と解すべきだ。そうしないと、法の支配が矮小化されかねない。

>権力分立を捻じ曲げれば、「地方主権」を生みかねない。また、先の大戦前、日本は権力が分立していた。内閣・陸軍・海軍・官僚など権力が分立したゆえに、究極の無責任体制になったとも言える。

>こうした観点から、立憲主義を再定義する必要があるかもしれない。

>その逆に各都道府県にそれぞれ一定の軍事力を持たせることが立憲主義に適うか思索中。地域防衛隊のイメージだが、災害救助の中心的役割を果たす組織にする。
  • by マウス
  • 2017/10/07 10:18 AM
(承前)

訂正
混同→混在
  • by マウス
  • 2017/10/07 6:51 PM
以下、特徴。

引用1
吉田寿太郎氏のTwitterアカウントのプロフィールとほぼ同じ内容で、吉田氏オリジナルと思える。意味は分かるものの、回りくどい文章で下手。

引用2
吉田氏の署名があるが、別人のような文章。端的。

引用3
吉田氏の署名があるが、どう読んでも(吉田氏ではなく)中川氏の文章。


・・・引用1・・・
世界の現状は、日本の国家安全保障の危機を加速しています。この急迫の時局において、刻々と変遷激しい国内外の事態を冷静に俯瞰できる力を与えてくれる、大容量の真正の知識こそ、いまの日本人に必要なものです。当ブログは、国際政治学者・中川八洋筑波大学名誉教授の個人ブログです。
・・・引用1終わり・・・

・・・引用2・・・
http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2016/12/20/145041
連載「“歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史」のお知らせ
・・・引用2終わり・・・

・・・引用3・・・
http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2017/03/21/125124
緊急「特別ゼミ」開催のお知らせ
(テーマ)皇室典範が全面破壊され天皇制度の自然消滅が必至となる、「大島理森・特例法要綱」をどう阻止・粉砕するか
・・・引用3終わり・・・
  • by マウス
  • 2017/10/10 7:27 AM
(承前)

理由は分からないが、掲示板の開設後しばらくの間は、吉田氏署名の文章を時々みかけた。

特別ゼミ開催のお知らせであったり、開催後の報告もあった。

しかし、急に削除するようになり、今ではネットでキャッシュも残っていない。

引用2.3だけ残っているのは、やはり中川氏が書いた文章だからと考えても誤りでなさそう。
  • by マウス
  • 2017/10/11 7:02 AM
(承前)

つまり、開設時の“残骸”である引用1は別にして、現在は中川氏が吉田氏を代筆していることになる。お手本にさせるのではなく、完全な代筆。

いくら中川氏であっても、他人が自分の名前を使って文章を書くなんて、私ならゾッとする。とても耐えられない。

この時点で、私なら正常な人間関係を続けられない。つまり、掲示板管理人の降板を申し出るだろう。
  • by マウス
  • 2017/10/11 7:14 AM
(承前)

せっかく、中川氏の側にいて、「保守」を盛り上げていく目的でブログ開設に尽力したのに、今では自分の名前で文章を書かれるブザマな管理人。

あれこれ憶測を書いているが、仮に事実であったとしたら、少しは吉田氏を同情せざるを得ない。

それにしても管理人を続ける意味、何があるのだろうか。
  • by マウス
  • 2017/10/11 7:23 AM
(承前)

情熱を失い、自分の居場所もはっきりしない吉田氏。なぜ、掲示板管理人を辞さないのか。

掲示板管理人で給料を得ているとも思えない。それであれば話は別だが。

とすると、何かしらの金銭以外の役得があるのか。

想像であるが、中川氏という“権威”の窓口として、精神的に美味しいのだろう。

中川氏への取次役として、「吉田先生」「吉田様」と呼ばれて、プライドがくすぐられるのかしれない。

中川氏には不満があるが、この心地よさは捨て難い、だから現状維持でいよう、と。

こうなると、もう中川氏の“権威”のおこぼれにあずかる乞食。

保守乞食。

これがぴったり。茶坊主とか宦官などのイメージを思い浮かべていたが、コメント書いているうちに、乞食の結論に至った。
  • by マウス
  • 2017/10/13 8:12 AM
(承前)

批判が酷すぎるとブログ読者から叱られそうですが、これは中川氏のいつもの論考の調子を真似ているだけです。その点、ご高察願うものです。
  • by マウス
  • 2017/10/13 8:17 AM
(承前)

総合的に考えてみると、中川氏は吉田氏を、“飼い殺し”しているようなもの。

どうして、キチンと「清算」できないのだろうか。こうしたことは、対処できない性格?

まさか、吉田氏に弱みでも握られている?(笑)


【注意】
人格攻撃は、中川氏のいつもの手法を真似ているだけです。
  • by マウス
  • 2017/10/17 8:47 AM
下記論考の安倍総理夫人に関する「聖心女子大学付属高等学校時代の三年間、すべての答案は真っ白の白紙」について、ネット等を検索して探してみたが、そうした事実はどうしても出てこない。

安倍憎しの左翼メディアなら、飛びつきそうなネタだ。朝日新聞やTBSあたりなら死に物狂いで“証言者”を探すはずなのに。

本当に不思議だ。

事実?
伝聞?
憶測?

伝聞や憶測であれば、普通、そのように断るはずだが。

まさか、中川氏の妄想?


・・・引用はじめ・・・
「徴用工」像の建立も予見しない“超お馬鹿”安倍晋三は、ゴルフ三昧・海外観光旅行三昧に耽る“堕落&利権”総理
http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2017/08/17/120157
・・・引用おわり・・・
  • by マウス
  • 2017/10/18 10:06 AM
・・・引用はじめ・・・
“闇夜の虚空に吠える野良犬”安倍晋三の国連演説──外交は“言葉”ではなく“行動”である
http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2017/09/26/180734
・・・引用おわり・・・


これを少しパロディにしてみた。


“闇夜の虚空に吠える野良犬”中川八洋の掲示板──言論は“妄想の咆哮”ではなく“真理の追求”である


結構、自信作(笑)
  • by マウス
  • 2017/10/18 4:11 PM

【ご案内】Blog版に記事を掲載いたしました



マウスさま




今般、「中川八洋・筑波大学名誉教授に学ぶ−文献目録と研究−」Blog版に「「中川八洋掲示板」の運営のありかたについて思うこと」を掲載いたしました。ご高覧ください。

http://blog.livedoor.jp/acablo-nakagawayatsuhiro/archives/52266491.html
  • by 「中川八洋・筑波大学名誉教授に学ぶ−文献目録と研究−」管理人
  • 2017/10/18 6:38 PM
「中川八洋・筑波大学名誉教授に学ぶ−文献目録と研究−」管理人様

存じております。

見解に大きな相違がありますので、追って(後日)述べたいと思います。
  • by マウス
  • 2017/10/18 6:48 PM
「中川八洋・筑波大学名誉教授に学ぶ−文献目録と研究−」管理人様(以下、失礼ながら文献目録管理人様と略させていただきます)

先程、追って述べたいと言いましたが、取り消します。

その理由は、当方、“ルビコン川”を渡っているので、攻撃に集中したいからです。文献目録管理人様との意見交換に時間を割かれたくありません。

文献目録管理人様は独自に呼びかけてください。当方は、当方なりに考えで行動したいと思います。

では。
  • by マウス
  • 2017/10/18 7:39 PM
管理人様

ご返信ありがとうございます。

コメント中、《見解に大きな相違があります》とおっしゃっておられる部分について、差支えない程度で結構でございますのでお示しいただけますとありがたく存じます。

今般の当方のオピニオンでは、四つのパートにわけて意見を述べておりますが、そのうちのどの部分に意見の相違があるのかがわかれば、当方の見解をより深化させておくことができると考えるからです。

もちろん、全部の部分について異見がある場合もあるでしょう。

お手数をおかけいたしますが、ご検討くださいますとさいわいです。
  • by 「中川八洋・筑波大学名誉教授に学ぶ」管理人
  • 2017/10/19 10:45 AM
文献目録管理人様

>その理由は、当方、“ルビコン川”を渡っているので、攻撃に集中したいからです。文献目録管理人様との意見交換に時間を割かれたくありません。

上記がすべてです。

なお、誠に申し訳ありませんが、この件でコメントをお寄せいただくことは、以後控えてください。

この件で共同歩調を取る気はありませんし、中川氏や吉田氏にそう思われるのも嫌ですから。
  • by マウス
  • 2017/10/19 11:57 AM
RRow_your_boat氏の公開質問状を読み直して、思い出したこと。

かつて吉田氏は、中川八洋掲示板のアフィリエイトで「お小遣い」を得ようとしていた。

そのツィートは削除され残っていないが、私も覚えている。

私の記憶ではどこかのアフィリエイトサービス(GoogleAdSense?)に申し込んで断られたことをボヤく内容であったが、そこに「小遣い」という言葉が使われていて、強い違和感を覚えた。

それがGoogleだろうがAmazonであろうが、アフィリエイトという仕組み自体を全面的に否定するものではない。

しかし、お小遣いという言葉を平気でツィートしたことに、吉田氏の性根をみた思いだった。

確かに、何をするにしても「経費」はかかる。しかし、それと小遣いを得ることは別である。

この一点だけでも、吉田氏の公私混同ぶりが分かるのである。
  • by マウス
  • 2017/10/20 5:59 AM
(承前)

まぁ、“保守乞食”の吉田氏であるから、当方が驚いたり嘆いたりしても仕方がないが。

それにしても、中川氏はこうしたことを知っているのか。知っていて、なお公式ブログの管理人にしているのであれば、なんとまあ中川氏は寛容な人であろうか。

論敵には厳しいが、“身内”にはあま〜〜〜い中川氏(笑)
  • by マウス
  • 2017/10/20 6:11 AM
一部訂正と補足。

「小遣い」という具体的な言葉について、自らの記憶に確信がない。よって、この部分は取り消したい。

しかし、審査に落ちて稼げない趣旨のツィートであったことは間違いない。

その際、“ブログ運営に関わる経費”分を得たい等の書き込みはなかった。

以上。
  • by マウス
  • 2017/10/20 9:18 AM
上記に関連して「魚拓」探しをしていたら、次の魚拓を見つけた。

ちょっと笑った。

https://archive.is/EayDU
  • by マウス
  • 2017/10/20 9:24 AM
いつも思うこと。

中川八洋掲示板の末尾には、次が表記してある。国際政治学者とアフィリエイトのミスマッチがすごいと思う。


『中川八洋掲示板は、amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。』
  • by マウス
  • 2017/10/20 4:25 PM
不確かな記憶に基いて、吉田氏を乞食呼ばわりしたことを(ほんの少し)反省。

ここは、ぜひ吉田氏本人に登場いただいて、真相を明らかにして欲しいものだ。

吉田様、いつでもウェルカムです。

反論や抗議、お待ちしています。
  • by マウス
  • 2017/10/21 10:52 AM
中川氏に対して。

ところで、このコメント欄の最初に書いた、“小堀桂一郎を「性犯罪歴もある」”としたことは、事実なのでしょうか。

下記に引用した掲示板でも同様に述べられていますが。

・・・引用はじめ・・・
検察は、安倍晋三を刑法・外患罪で逮捕し懲役十年を課せ ──“妄想病の幼児”安倍晋三は、「主権(領土)割譲」の大犯罪者
http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2016/12/23/074005

副会長がマルクス・レーニン主義の源流ルソーを狂信的に崇拝する、性犯罪歴もある小堀桂一郎。
・・・引用おわり・・・
  • by マウス
  • 2017/10/22 2:40 AM
(承前)

私の読解力不足かもしれませんが、どうしても小堀桂一郎と性犯罪歴が一致できません。中川氏による伝聞や憶測の断りもありません。

まさかと思いますが、妄想でしょうか。仮に、中川氏の妄想であったとしたら、善良な電車通勤者を痴漢にでっち上げる極悪女の行為と変わりません。

小堀桂一郎が性犯罪歴が事実としたら、そのsourceを示してください。
  • by マウス
  • 2017/10/22 2:54 AM
(承前)

一応、パロディで。

検察は、中川八洋を虚偽告訴罪で逮捕し懲役刑を課せ ──“妄想病の老人”中川八洋は、「痴漢でっち上げ」の常習者


【注意】
これは、中川氏のタイトルの付け方を真似ているだけです。
  • by マウス
  • 2017/10/22 3:02 AM
(承前)

論敵をどのような言葉で糾弾しようと構わないと考えますが、さすがに事実かどうかも情報源も示さず、性犯罪歴と罵倒するのは、人の道に外れていると思いますね。

性犯罪はとてもdelicateな話だと思います。小堀桂一郎のご家族や親族のことを考えたことがあるのでしょうか。
  • by マウス
  • 2017/10/22 3:11 AM
【お断り】

いくら何でも、ここまで中川氏を侮辱すること有り得ないとクレームが来るかもしれませんので、両者を比較しておきます。

中川氏の場合
論考は正しい+掲示板の運営は間違っている+最近の論考は雑である+人格攻撃

倉山満の場合
論考(?)は、固有名詞以外はほとんど間違い+倉山の人格ほぼ否定。(←人格攻撃では追いつかない)

このスタイルで批判しています。

倉山への批判に比べたら、甘いものです。
  • by マウス
  • 2017/10/22 3:33 AM
(承前)

中川八洋氏への人格攻撃は、それは中川氏の論法を真似ているだけです。

まさかと思いますが、中川氏による人格攻撃は正しく、中川氏への人格攻撃は間違いとか、眠たいことは言わないように、
  • by マウス
  • 2017/10/22 3:39 AM
誤字脱字が多くなっていますがご容赦を。
  • by マウス
  • 2017/10/22 3:42 AM
中川八洋掲示板批判を延々とやっているが、そんななかでも、拙ブログは「小池百合子は女系容認」「枝野幸男は革マル系(再掲)」「投票基準」の三つを更新できていた。

拙ブログの存在価値を僅かだが示せたと思う。
  • by マウス
  • 2017/10/22 8:33 PM
フッと思い浮かんだこと。

現在の吉田寿太郎氏(Twitterアカウント含む)と中川八洋氏は同一ではないか。

SNS関連、開設は吉田氏が行ったが、現在はすべて中川氏が乗っ取った…

秋の夜のサスペンスとして検討してみたい。
  • by マウス
  • 2017/10/23 11:07 AM
以下のツイートから始まる中川氏の擁護と批判は、非常に読み応えのあるもです。

「往復書簡」のように交わされていましたが、いったん区切りがついたようでもあり、ここに紹介させていただきました。

https://twitter.com/1kyusoujun/status/896974067022024705

次のツイートは、別の方による中川氏が西尾幹二の著作を激賞した書評。現在の両者の関係を考えると、とても興味深いです。

https://twitter.com/apathy2045/status/918326824236597248
  • by マウス
  • 2017/10/25 11:22 AM
中川八洋掲示板運営批判等を続けておりますが、当方のリンク先に飛び火してご迷惑をおかけするのは本意ではありません。

よって、この際、中川八洋掲示板を除いて、すべてのリンクを切らせていただきます。

リンク先のブログ主皆様には大変お世話なりました。有意義なコメント・貴重な助言等、ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。

最後に、ブログ主皆様におかれましては、ますますのご活躍をお祈り申し上げます。
  • by マウス
  • 2017/10/26 12:31 PM
10月23日のコメントで、私は次のように指摘した。

>SNS関連、開設は吉田氏が行ったが、現在はすべて中川氏が乗っ取った…

これは半分冗談のように指摘したが、中傷の類いではない。

なぜなら、かつて雑誌『撃論』において、中川氏はいくつものペンネームを使い分け、自らの論稿を大量に発表した。

しばらくして西尾幹二の提訴により同誌は廃刊となったが、そうした状況が中川氏のSNS関連の運営と何故か重なるのだ。

中川氏本人は意気軒昂、しかし周りはだんだん白けていく。

実際、中川氏と西尾幹二との紛争に関し、中川氏側を擁護した同誌寄稿者は何人いたのだろうか。

調べてみたが、確認できない。

中川氏が引っ掻き回して、結果的に潰したと言ったら、言い過ぎであろうか。

そして、それは中川八洋掲示板の(近い)将来ではないだろうか。
  • by マウス
  • 2017/10/29 1:15 PM
次は、多くの方の心の聲。

“中川先生はお忙しい人だから、掲示板批判なんて読むわけがない。ましてや、こんな雑魚ブログ、絶対に読まれるはずがない。”

実は、私もそうした想いから、ずっと悶々としていた。

が、最近は考えを変えつつある。

なぜなら、AKB48がどうたらこうたらと言及する中川大センセイだから、社会隅々の末端まで“アンテナ”を張りめぐらせているはず。

当然、そうしたアンテナに拙ブログが引っ掛らないはずがない。

だから、中川氏も内心穏やかでないのかもしれない(笑)。
  • by マウス
  • 2017/10/30 10:23 AM
今日の呟き。

公開質問状に答える義務は無いが、仲間による真摯な問題提起には耳を傾けたほうが良い。
  • by マウス
  • 2017/11/02 9:03 AM
引用の変な箇所。

1.中川氏による皇位継承三部作、保守思想三部作は傑作だと思う。しかし、西尾幹二批判で全四巻。中川氏にとって皇位継承や保守思想よりも、西尾幹二批判が重要なのだろうか。

2.中川氏が「書き足す部分」を掲示板で発表したら、購読者に何のメリットがあるのだろうか。書き下し部分があるから、わざわざお金を払って購入するはずだが。全部タダで読めれば、購入する理由がない。こんなこと出版社が認めるのか甚だ疑問。

3.「近現代史に関心のある多くの読者の方々から」の要望には応じるのに、それ以外(公開質問状等)には応えないの何故?。公開質問状等に関心がある読者は相当に多いと思うが。

4.「来年、頃合いを見て、連載を再開したいと思います。」とあるが、平成29年度更新したのは1回だけ。


・・・引用はじめ・・・
http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2016/12/20/145041
連載「“歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史」のお知らせ

標記「“歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史」について、これを全四巻の著書として発刊すべく、現在、中川先生は鋭意、編集作業に取り掛かっています。タイトルは、主が『西尾幹二の研究』、副が『《歴史の偽造》教祖の日本国廃滅思想』です。当初予定では中川先生が書き足す部分については、単行本の方に直接入れることにしておりましたが、近現代史に関心のある多くの読者の方々から、「“歴史の偽造屋”西尾幹二の妄言狂史」について連載をもう少し続けて欲しいとの御要望を頂きましたので、来年、頃合いを見て、連載を再開したいと思います。



平成28年12月吉日 

「中川八洋掲示板」管理人 吉田寿太郎
・・・引用終わり・・・
  • by マウス
  • 2017/11/03 9:23 AM
(承前)

訂正。
平成29年度→平成29年
  • by マウス
  • 2017/11/03 9:45 AM
吉田寿太郎氏に関して。

ネットで調べた限り、吉田氏による旧中川八洋文献目録の削除・閉鎖要求を支持する人はゼロ。

何事でも賛否は別れるものだが、この件に関してはゼロ。

大事なことだから、もう一度言いたい。

支持はゼロ。
  • by マウス
  • 2017/11/06 9:29 AM
吉田寿太郎氏に対して

仮に私が吉田氏の立場なら、 己の慢心を謝罪し、かつ中川氏に累が及ばないように配慮しつつ、すべてから手を引く。
新しい管理人への、引き継ぎまでの猶予を「お願い」し、諸々の責任を取って“切腹”する。
  • by マウス
  • 2017/11/07 7:25 AM
吉田寿太郎氏にアドバイスしたいこと。

掲示板の論稿において、中川氏が罵倒した相手から提訴されたとき、吉田氏も「掲示板の管理者」として責任は免れない。かなりの確率で巻き込まれると思う。だから、当然、吉田氏は損害賠償を請求されると思う。

吉田氏は、そうした危険性を認識しているだろうか。一度じっくり“研究”されたほうが良いと思う。
  • by マウス
  • 2017/11/08 8:36 AM
TwitterのTLに「中川八洋氏の安否を気遣うツィート」がチラホラ流れてくる。

なぜ、吉田氏は対応しないのだろうか。

これこそ、管理人の役目だと思うが。

「中川氏は現在◯◯を執筆中です」「体調を崩され静養されています」等、わずか数行で済む話だと思う。

どうして、これぐらいができないのか、本当に不思議。
  • by マウス
  • 2017/11/10 9:40 AM
今日の呟き。

中川八洋氏は政治家ミーハー(私の造語)の面があるから、次の記事は中川氏に釘を刺す意味で意義があったと思う。

・・・・・
希望の党・小池百合子は女性宮家容認、細野豪志は小林よしのりと昵懇で女性宮家推進。
http://kenpoukaisei.jugem.jp/?eid=407
・・・・・

政治家ミーハーとは、例えば橋下徹を“麒麟児”と呼んだり、トランプ大統領の親プーチン発言を無視して持ち上げるなど、「反・左翼」の雰囲気だけで、後先考えずに高く評価してしまうこと。

また、中川氏は「逆張り」を好むので、この点からも「小池百合子称賛」の可能性もあった。

●中川氏の読者・ファンも困っている(苦笑)
  • by マウス
  • 2017/11/12 5:49 PM
今日の呟き。

マッチ売りの八洋。

誰からも相手にされなくなり惨めで哀しい姿を、童話でなぞらえてみました。

【注意】
中川氏の「エロス売女」「ゲス集団」「日本一のホラ吹き」等に比べれば、まだまだ穏健な表現だと思います。
  • by マウス
  • 2017/11/13 8:39 AM
かつて、中川氏は橋下徹を“麒麟児”と呼んだ。

その橋下は、政治家(?)に転進する前はTVタレント兼弁護士である。

ところで、中川氏は弁護士出身の稲田朋美に関して、下記のように批判している。

中川氏に当時と今の弁護士観(知的水準が低く人格劣悪)について訊ねてみたい。

変わったのか、変わっていないのか。


・・・引用はじめ・・・http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2017/07/04/223220
備考;「代言人」と蔑まされる弁護士には私大卒が多いように、もともと弁護士は頭が悪く知的水準が低く人格劣悪な者が希望する職業。稲田朋美は、この事実についても、世間広くに実証し宣伝した。
・・・引用終わり・・・
  • by マウス
  • 2017/11/14 4:42 AM
(承前)

橋下徹を“麒麟児”と呼んでから、中川氏は橋下について論じたことがあるだろうか。(私の記憶ではない。)

そうすると、中川氏は今でも橋下を“麒麟児”と考えているのだろうか。

おそらく、考えていないと推測するが、それならなぜ“麒麟児”を取り消さないのか。

自分の無謬性が傷つくのを恐れているかもしれないが、そうした姿勢が“墓穴”を掘ることになるのだ。

西尾幹二を書評で激賞した件は、その最たる“墓穴”である。
  • by マウス
  • 2017/11/14 8:45 AM
いつも拝見してをります。

橋下徹については例へば2014年5月に、
「「脱原発」支持者に、三・五兆円を課徴せよ──電気料金の値上げを断じて認めてはならぬ」
http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2014/05/20/183949
で多少論じてゐます。

中川氏の政治家への評価は、

「いかなる政治家に対しても、投票を含め支持してはならない。政治家を選択するのが、一般有権者の選挙を含めた政治行動であるべき。政治家選択の基準は、「マイナスの少ない方を選択する」である。」
http://nakagawayatsuhiro.hatenablog.com/entry/2016/11/19/140151
といふ言葉に表れてゐると思ひます。

橋本氏や小池氏への肯定的評価も、そのやうな考へのもと、個々の実績への相対的な評価でせう。まともな政治家がゐない現代日本では、それが妥当なあり方ではないかと思ひます。

あの中曽根康弘にたいしても、KGB工作員・共産主義者だと断定しつつも(『国民の憲法改正』『皇統断絶』など)、「ロン・ヤス外交」については肯定的に評価してゐました。「後先考えずに高く評価してしまう」といふのはあたらぬと存じます。
  • by マロン・ナポレオン
  • 2017/11/14 12:51 PM
マロン・ナポレオン様

まずは、私が読み落としていた、中川氏による橋下徹批判のご指摘ありがとうございます。この点は、当方の怠慢であり中川氏に深くお詫びしたいと思います。
(該当部分の削除は簡単ですが、当方の恥を晒すため、あえてそのままにしておきます。)

ただ、中川氏が2012年8月上梓した『TPP反対が国を滅ぼす』(PHP研究所、106頁)のなかで、“麒麟児”と呼んだことは事実であり、その後の橋下の発言や政治活動を勘案すれば、当然「後先考えずに高く評価してしまう」と指摘されても仕方が無いと思います。

いくつかの前提をつけておけばまだしも、いきなり“麒麟児”ですから。

例えば、「まだまだ注意深く観察しなくてはならないが、現時点では“麒麟児”の橋下徹」ぐらいの用心深さがあってしかるべきで、中川氏も脇が甘すぎると考えます。


なお、同年9月には大阪維新の会による「維新八策」が発表されて、橋下の実態が露呈しました。
https://www.nikkei.com/article/DGXNASHC3103B_R30C12A8000000/

“麒麟児”の直後に、(保守とは相容れない)グレートリセットなる維新八策ですから(笑)。

トランプ大統領についても似たようなものです。

なお、今後については、ご自身の意見はご自身のブログやTwitter等で発表してください。(当方の事実誤認の指摘は除く)
  • by マウス
  • 2017/11/14 9:41 PM
当方、強く思うことがあり、数ヶ月間に渡り、中川氏や吉田氏を煽りに煽ってきました。が、結果的には“状態”を動かすことは出来ませんでした。そのため、これを続けても意味が無いと判断し、本日を以って煽ることは止めます。

中川氏を尊敬されている方、並びに読者・ファンに皆様には、大変不快な思いをさせてしまい誠に申し訳ありませんでした。(これは、中川氏や吉田氏に対する「謝罪」ではありません、念のため)

なお、当方、「中川氏への批判は御法度」とは考えていませんので、今後は浅学ではありますが、苦言を呈する形で所信を開陳していきます。
  • by マウス
  • 2017/11/17 3:03 PM
中川氏・吉田氏に対し煽りコメントを連日のように書き込んだが、これは図らずも“副次的な効果”を生み出したと思う。その効果とは、web上における「中川読者=中川信者」という“幻想”に楔を打ち込んだことだ。

信者であれば、中川氏に逆らうことは許されない。しかし、今回、公然と逆らったので、今後「中川読者=中川信者」と一括りで揶揄されることも減るのではないか。

仮に信者と揶揄されたら、このコメント欄URLを示して誘導すれば良いと思う。当方の書き込みに絶句するはずだ。(ちなみに、2ちゃんねる――現在は5ちゃんねると言うらしい――で引用され、中川氏アンチから同情する声があがるほどだ。)

また、中川信者という揶揄は、それは単に読者に向けられただけではなく、二次的には中川氏批判になっていた側面がある。教祖と信者という構図で批判することも見受けられたからだ。

だから、こうした面にも楔を打ち込めたと思う。

改めて言いたいが、中川氏を教祖として仰ぐ読者って本当にいるのだろうか。保守言論人として賛同したり引用する人は多いが、読者はあくまで一人ひとりで考えていると思う。
  • by マウス
  • 2017/11/18 9:56 AM
中川氏は文芸評論家の谷沢永一と対談し、1998年徳間書店から『「名著」の解読学』を出している。

それを読むと、谷沢を敬愛してやまない中川氏の姿が印象的だ。名著の解釈をめぐり、谷沢が癇癪を起こしそうなくだりもあるが、中川氏は懇切丁寧、諭すように語っていく。(知的なぶつかり合いで読者がはらはらする章もあるが、とても興味深い対談となっている。)

この対談とは別に、谷沢も中川氏の著作について多くの書評を書き――しかも非常に好意的に――、中川氏の言論界における地位確立の一助になったと思う。

しかし、その谷沢が2011年没した。

引き上げてくれた谷沢がいなくなることは、中川氏にとって大きな痛手であり、また“恩師”がいなくなることは精神的に辛いことであったと思う。

ここで、おそらく中川氏は谷沢の後継者たらんとして、決意したのではないだろうか。それは、単に“後釜”に座るというより、谷沢の批評スタイルを一層深化させ極めたいと。

しかし、それが一般読者に広く受け入れられたように思えない。

何故か。

(続く)
  • by マウス
  • 2017/11/19 1:39 PM
(承前)

>しかし、それが一般読者に広く受け入れられたように思えない。

>何故か。


用意していた“理由”を読み返して、底の浅い分析だと気がついた。

再考したが、どうもまとまらない。むしろ、どんどん破綻していく。

結論。
結局“理由”を明示することはできない。お恥ずかしいの一言。ただし、谷沢の後継者を目指したことは――意識するしないにかかわらず――、おそらく正しいと思う。
  • by マウス
  • 2017/11/29 8:51 AM
久しぶりに友人からメール。「たまには建設的な意見を言え!」との要望。

そこで、以前から考えていたことを書く。

それは、中川氏は、世界に向けて英文で情報発信したらどうだろうか。

(堕落した多くの)日本人を相手にするより、堪能な英語力を駆使し、日本の取り巻く情勢について世界に“広報”するほうが成果が出せると思う。

世界の保守主義者・自由主義者にそれが引用されれば、日本のエリート層にも“逆輸入”されるだろう。同じ悪戦苦闘するなら、狭い日本に見切りをつけ、“世界市場”に打って出たほうが良い。

以前から、「日本は情報発信すべき」だと論じる人は多いが、誰が発信するのかは非常に重要だ。仮に民族系が「大東亜戦争肯定論」「対米従属」などを発信すれば、日米関係に百害あって一利無しとなるからだ。

そうした点で、中川氏が適任と思われる。

その前提条件として、英語に精通し英文を校正・校閲できる優れた補佐役が必要である。そうした人材も探せば見つかると思う。


それとは、別に、日本国内向けには言論サイト「アゴラ」に学ぶのが良いと思う。アゴラは蓮舫の二重国籍問題では、追及の一番手となり、事実上代表交代に追い込んだと思う。

有力スポンサーが無ければ「絵に書いた餅」であるが、真正保守(民族系でない)の寄稿者のみで成り立つサイトを望んでやまない。
  • by マウス
  • 2017/12/03 2:59 PM
コメントする