2015.2.8

最初に、ブログ管理人なりに「左翼」「極左」の定義を行います。

左翼とは、一世代の浅知恵だけで「理想の社会」を設計して、その実現のため国家統制を是認し国家改造を支持する層です。
歴史・伝統・慣習は、「理想の社会」の邪魔になるため悉く標的にし早々に廃絶します。

また、自己の思想を絶対化するので、自由主義とは必ず対立します。共産主義・社会主義・全体主義・無政府主義などはすべて左翼で、「経済左派」も左翼です。「革新」「社会民主主義」と暈かす場合がありますが、これも左翼。

日本共産党や社会民主党は左翼政党で、日本には極めて危険な存在。さらに、そこから分かれて、より急進的で残虐なのが「極左」です。

「極左」は、敵対する者は殺しても構わないとする集団です。保守主義が、左翼や「極左」を忌み嫌い拒絶するのは、こうした歴史や血なまぐさを認識しているからです。

「極左」は、「新左翼」「極左暴力集団」「過激派」とも呼ばれる場合がありますが、本質はまったく同じ。新左翼の「新」の語感から誤解する人がいますが、要は「極左暴力集団」「過激派」を言い換えただけです。

なお、経済に関して、左翼政党かそれ以上の左翼的主張を行い国家を破滅に誘う学者や評論家を侮蔑して「極左」と呼ぶ場合もあります。また、「反米保守」の民族系は極左の変種で、根本的な精神構造は極左そのものです。いずれの場合でも、「革命」「革命的」という言葉を肯定的に使ったら、極左の疑いが濃厚です。
以上、左翼と「極左」を定義してみました。

さて、近年、「極左」は市民団体などで偽装していますが、極左の残虐性はISILと何ら変わりません。
特に、ヨルダンパイロットの焼殺は、1977年に発生した「革労協が革マル派4人を自動車に閉じ込めて全員を焼き殺した」事件を想起させました。 (ウィキペディアの「内ゲバ」で確認できます。)

以下は、毎日新聞と警察庁サイトの画像です。
リンチ・拷問当たりまえ。無抵抗にも容赦せず。

極左は、
ISILよりも日本政府を糾弾しますが、それはISILに“同志的”な親近感を持っているからです。








 
JUGEMテーマ:憲法改正


 
コメント
 フランス革命時のジャコバン党は、日本の極左過激派みたいなものだったのでしょう。
 異論を絶対に許さないカルヴァン支配下のジュネーブも、似たようなものかもしれません。
  • by 保守イチロー
  • 2015/02/09 7:53 PM
保守イチロー様

最近、「左翼」「極左」への警戒感が薄れています。「市民団体」の監視と実態暴露が必要ですね。
  • by マウス
  • 2015/02/10 8:19 AM
FACEBOOKでも、頭のおかしな人たちが、ISIL(テロリスト)擁護をしていますね。

その人たちのお友達には、決まって重信メイ(日本赤軍の重信房子の娘)、田中康夫、嘉田由紀子、高遠 菜穂子(小林よしのりのお気に入り)、山田正彦(中野剛志の友人)がいます。

左翼団体には破防法を適用すべきでしょう。
テロリストと同類というか、テロリストそのものです。

オウム事件のときに共産党や社会党が破防法適用に大反対したのは、自分たちにも適用される可能性が高くなることに気付いていたからでしょう。

(ご参考)
この人物の「友達」には錚々たる顔ぶれが揃っています。
https://www.facebook.com/washiroh.iwaya/friends_all
  • by megu
  • 2015/02/10 10:40 PM
読者の皆様へ

ブログの見出しに(イスラム国)を入れましたが、便宜的なものです。ISIS、ISIL、ISなど完全に名称が固まっていないと思ったからです。

今後は、すべてISILで統一します。
  • by マウス
  • 2015/02/10 11:47 PM
megu様

嘉田由紀子と山田正彦は、別件で調べていますが、極めて危険な人物ですね。
頭のおかしい連中と波長が合うのは、とてもよく分かります。
  • by マウス
  • 2015/02/11 12:07 AM
反米保守は本物の保守だが小林よしのりは偽反米保守なのであの人は大凶米左翼なのだろう。
私の反米保守思想は日米安保放棄と日露安保制定、TPP&AIIB不参加、日露露日間の米ドルやユーロの決済排除、安保法制と特定機密保護法の廃案、反米保護法の制定、ユーラシア経済圏に入る事です。
小林よしのりはロシアを敵視し過ぎだから駄目。
  • by ЯКБの新時代
  • 2015/09/21 8:28 PM
ЯКБの新時代様

ネタですよね(笑)
真剣に考えているようでしたら、まずは額に汗して働き税金を収めてから、再度コメントを考えてください。

では。
  • by マウス
  • 2015/09/21 10:41 PM
コメントする