2016.3.12

以下は、ブログ『倉山満の砦』からの引用です。以前、同ブログで女性天皇容認の字句がありましたが、さすがに韜晦だと思っていました。が、まさか本音で女性天皇容認だったとは。
 

倉山満の砦
https://www.kurayama.jp/modules/wordpress/index.php?p=1554

四、

 民間人の女性が治天の君(上皇of上皇)になった例すらあります。
 女性が天皇になれないのは、2600年の歴史の中で、たかだか150年の話で、
 先例が8人10代あるので、法律(憲法附属法)を変えれば問題ありません。

 君、これくらいのことを知っていて、ウチの国の歴史と制度に喧嘩売ってくれてるよねえ〜♪


女性天皇が皇室廃絶につながることは、すでに中川八洋氏が著書で詳しく論じています。その論理は著書で学ぶことができます。

今回、ブログ管理人が特に言いたいのは次の点です。

偉大な先達は、歴史法学の研究に没頭し、日本の伝統だけでなく英米の保守思想までも探求した上で、皇位継承は「男系男子の世襲」によるものと定めました。倉山はこうした先達(伊藤博文/井上毅/金子堅太郎/伊東巳代治)よりも、歴史法学に詳しいのでしょうか。

何にもまして、明治天皇は憲法草案・皇室典範などの制定にあたり、枢密院の審議に百回ちかく親臨されたことが知られています。

明治天皇がお認めになり、皇位継承の安定に資した「男系男子の世襲」を、倉山満ごとき五流売文屋が横槍をいれること自体、僭越の極みです。明治という激動の時代に、日本の“中心”となられたのは明治天皇です。その聖慮に思いをはせないとはおこがましい限りです。

もっとも皇居は売却可能と放言する倉山ですから、不敬・恥などの日本人らしい感情がないのかもしれません。


JUGEMテーマ:憲法改正